【女性トレーナー指導】本当におすすめしたい女性におすすめの万歩計アプリ10選(無料アプリ有り)

執筆者

パーソナルトレーナー、IBA認定ボディートーク施術士

あさりど

一人一人違う身体に、いろいろな角度からアプローチして、身体はもちろん心もリセットするお手伝いをしています。現在は2歳児の子育て中で、身体は食べたものでできていることを実感し...

【女性トレーナー指導】本当におすすめしたい女性におすすめの万歩計アプリ10選(無料アプリ有り)

2019.11.22

あらゆるものが便利になっている現代では、「歩く」ことが難しいという、うれしくも悲しい現実があります。意識的に歩くタイミングを作らなくては、ほとんど歩いていないという日もあるかもしれません。そこで肌身離さず持ち歩く携帯に万歩計としての機能をつけて、自分の現状を把握し、運動の基本である歩くということを生活の中に組み込むことで、健康的な生活、ダイエット対策として活用してみましょう。無料のアプリもかなり充実していますので、まずはインストールしてみましょう。

万歩計アプリとは


万歩計とは、歩数を測る機器で、一日にどれくらい歩いたのかというのをみるバロメーターとして使われます。厚生労働省は、健康維持や生活習慣病予防のために、一日に8300~9200歩程度の軽い運動をすることを推奨しています。活動量を「見える化」することで、日々の目標にもなることや、やる気にもつながっていきますので、万歩計などを利用することは、とてもおすすめです。歩数だけをカウントするベーシックな物ももちろんありますが、体重、性別、年齢などを入力しておくと消費カロリーを計算してくれる機能、腰につける物、手首やネクタイピン、ベルトに内蔵しているものなどもあります。更に、携帯が何にでも変身する現代では、多岐にわたる機能をあわせ持ったアプリが多数登場しています。端末を手で振っても、歩数としてカウントされない正確な記録が取れるアプリや、ウォーキングだけでなく、ストレッチやトレーニングなどの方法を紹介してくれるアプリ、面白いものだと、大手牛丼チェーン店のアプリは歩数と連動してポイントがたまるようになっており、お得なクーポンと交換できるものなど、どれを使ってみようかと迷うほどです。ゲーム性がついていると、歩くのが楽しくなってきて運動の継続につながるなど、相乗効果が期待できますので、自分に合ったアプリを探して、楽しくウォーキングをしていきましょう。
尚、「万歩計」は山佐時計計器株式会社の登録商標となっているため、歩数計と書き換えるところも多いです。

【基礎代謝に関する参考記事】

【女性トレーナー指導】基礎代謝を簡単に上げる方法!筋トレやストレッチの運動やおすすめ食べ物で増加させる方法を紹介

現役の女性トレーナーが基礎代謝を上げるために必要な筋トレやストレッチメニュー、食習慣を分かりやすく解説します。

正確に測るための正しい万歩計アプリの使い方

 

ジャイロセンサーが正しく動作しているか?

万歩計アプリは、GPSや、ジャイロセンサーを通して歩数をカウントしています。そのジャイロセンサーなのですが、ポケモンGOのブームの際に、このジャイロセンサーが搭載されている携帯なのかということが注目されました。ポケモンをゲットするときに、今の風景の中にポケモンが現れているような画面になるARモードにするのですが、このモードにするにはジャイロセンサーが搭載されていないとなりません。既にポケモンを捕まえたことがある方は、問題ありませんが、ジャイロセンサーが正しく作動しているかを確認しましょう。確認をするには、裏メニューのSERVICEメニューからGyroscopeを選択して動作状況を確認します。

GPSが作動しているか

これも先程のジャイロセンサーと同じように、歩数をカウントするときに必要な機能でもあります。更に、GPSは移動した軌跡を残したり、位置情報を確認したりするときに必要です。地図アプリを立ち上げて、現在の居場所が確認できれば、GPSが正しく作動しているということになりますので、ジャイロセンサーと違って、わかりやすいです。

バッテリー消費量

万歩計アプリは、基本的に一日中起動させておくアプリのため、節電タイプかどうかで、バッテリーの消費量にかなり影響を及ぼします。バッテリーが無くなれば、携帯自体の機能を邪魔してしまうこともそうですが、万歩計としても機能しなくなってしまいますので、あまりバッテリーを消費しないアプリを選ぶこともポイントになります。

携帯を持ち運ぶ位置

どこに携帯を入れて歩くのかという点です。iPhoneとandroidなど携帯の機種によっても差があると思いますが、胸ポケットの中や、ズボンの後ろのポケットなど、携帯が垂直に維持されている場合の計測結果が非常によかったというデータがあります。逆に手に持った場合の誤差が一番大きいという結果です。日常生活の中での歩数をカウントする場合には、携帯を入れておく場所に制限がありますが、ウォーキングなどをするという際には、いかに携帯を安定した状態で持ち運べるかという所もポイントです。エクササイズ用のヒップバックや、ベルトなどをうまく利用するとよさそうです。

【ジャンプダイエットに関する参考記事】

【トレーナー指導】ジャンプダイエットの効果的な方法とは?

現役のトレーナーが、ジャンプダイエットのやり方や注意点などを分かりやすく解説します。

無料でもこんなにスゴい!おすすめ万歩計アプリ5選

 
ウォーキングの時に使えるアプリにも、いろいろありますが、iPhone、アンドロイド、どちらの機種でも使えるアプリの中から、おすすめを紹介したいと思います。ランキングの上位に来るのは、予想外にもシンプルな機能のアプリです。その後に、ゲーム性が付いてきたリ、その他の機能が追加されたアプリがくるという順番になっています。ウォーキングを「続ける」ということが、なにより一番難しい点だと思いますので、既にウォーキングをやっている、これからウォーキングを始めてみようと思っているなど、自分のペースにあったアプリを探して見て下さい。無料のアプリの中でもかなり高性能なものがありますので、いろいろチェックしてみましょう。

毎日歩こう


シンプルなデザインで、カラーを9種類から選んで好みのデザインにカスタマイズします。
その日の歩数、月間歩数をグラフで表示したり、達成度などを利用しながら、モチベーションをアップしてくれます。バッテリーの使用料は、少なめな省電力タイプです。

歩数計Maipo - 毎日歩こうダイエット!

歩数計Maipo – 毎日歩こうダイエット!
開発元:urecy
無料
posted withアプリーチ

歩数計


シンプルな名前の通りのアプリ、歩数計です。多機能なアプリを求めていない人にオススメで、性別、身長、体重、歩幅を設定すると正確なデータが計測出来ます。アプリを起動してスタートボタンを押すと、計測を開始し、終了させたい時には再びアプリを起動させてストップボタンを押します。アイコンを使いやすいところに設置しておくと使いやすいです。

歩数計

歩数計
開発元:urecy
無料
posted withアプリーチ

dヘルスケア


ドコモの開発したアプリ、dヘルスケアは、歩いた歩数をdポイントに還元できるというとてもお得なアプリです。ドコモユーザーでなくても使えるアプリで、健康に関するコラムなども表示されていたり、その日のミッションを達成するとdポイントがもらえたりします。
お店の支払いにも使える、dポイントがもらえるというメリットと、更にダイエット効果があるというまさに、一石二鳥のアプリと言えるのではないでしょうか。一日中起動しているという点では、バッテリーの消費は高いです。

dヘルスケア -毎日の歩数をdポイントに-

dヘルスケア -毎日の歩数をdポイントに-
開発元:株式会社NTTドコモ
無料
posted withアプリーチ

ウォーキングNAVITIME -ALKOO-


ウォーキングは、楽しいということをコンセプトに、歩数や、消費カロリー、ウォーキング中に行った場所や撮った写真を自動的に保存したり、頑張った記録をしっかり残していくので、アルバム感覚で楽しめます。全国のおすすめウォーキングコースを収録しており、観光気分でウォーキングができるアプリです。いろいろな機能を持ち合わせながらも、GPSがオフの状態でも使えるため、バッテリーの消費量が少なめのアプリです。

ナビタイムの歩数計アプリ - ALKOO(あるこう)

ナビタイムの歩数計アプリ – ALKOO(あるこう)
開発元:NAVITIME JAPAN CO.,LTD.
無料
posted withアプリーチ

Smanpo

歩数計と世界地図が連動したアプリ「スマンポ」は、世界を旅しているような疑似体験ができるのが特徴です。イタリアやハワイを歩いたり、ビートルズで有名な「アビイ・ロード」やシャンゼリゼ通りなど、自分で設定した場所をバーチャルの中で歩いていきます。表示を切り替えることで、ビーチにいたり名所を巡っていたり、海の中を歩くコースもあります。歩いた距離をマップに表示するだけではなく、自分で設定したゴールでは、360度景色を楽しむことができます。ウォーキングは、続けることが大事なので、楽しく歩くことで健康をバックアップしてくれるアプリです。

世界を旅する歩数計 - Smanpo

世界を旅する歩数計 – Smanpo
開発元:Eiki Sato
無料
posted withアプリーチ

【ジョギングに関する参考記事】

【女性トレーナー指導】3ヵ月で3㎏痩せにおすすめ運動!ジョギングのダイエット効果を紹介

現役の女性トレーナーが引き締めにおすすめのジョギングダイエットのやり方をご紹介します。

本格派のあなたにおすすめ。課金してでも使いたい有料万歩計アプリ5選

 

有料の万歩計アプリを使う人は自分でも万歩計を持っていて、アプリの万歩計の数値との誤差をチェックして、アプリを見定めているという人が多いようです。一日に歩く歩数として推奨されているのは8300~9200歩くらいと言われています。歩き慣れていないと、なかなか達成するのは難しいです。これら万歩計アプリをうまく使って、楽しく8000歩をあっという間に達成できるように自分に合ったアプリを探してみましょう。マイ万歩計を持っているというくらい本格派の方も使っているアプリの中で、おすすめのアプリを5つ紹介していきます。購入の参考にしてみてください。

Runtastic PRO GPS ランニング&ウォーキング距離計測記録アプリ

adidas Running GPSランニング&ウォーキング距離計測記録アプリ

adidas Running GPSランニング&ウォーキング距離計測記録アプリ
開発元:Runtastic
無料
posted withアプリーチ

このアプリは、iPhoneでもandroidでも、共通して使え、月間健康&フィットネス部門ランキング1位を獲得し平均スコア4.0を超える満足度の高いアプリです。月額500円で、100万ダウンロードを突破し、社会人、ファミリー層の男性スマホユーザーなど多くの人に使われています。ラップタイムを読み上げてくれたり、アップルウォッチに対応しているので、携帯を持たずにランニングができます。フェイスブックへのシェアや、ラン仲間の走行距離ランキングで、やる気UP、三日坊主克服ができます。

Accupedo-Pro アキュペド プロ

歩数計 Accupedo

歩数計 Accupedo
開発元:Corusen LLC
無料
posted withアプリーチ

これは、無料で使えるアキュペドの有料版です。月額480円で、平均スコア4.0を超える満足度の高いアプリです。画面はとても見やすくスッキリしているという印象で、歩幅や体重などを入力することで正確なカロリー消費を計算してくれます。省電力モードにしたり、活動時間を細かく設定することで、バッテリーの消費を少なくすることができます。あらゆるソーシャルメディアと共有することができるので、友人のいいねのリアクションにバックアップしてもらいながら継続することができます。

Walker

Walker - 歩数計 Lite

Walker – 歩数計 Lite
開発元:Naoya Araki
無料
posted withアプリーチ

シンプルな歩数計のアプリです。20代女性に人気で、月額120円、平均スコア4.0を超える満足度の高いアプリとなっています。iPhoneの対応アプリです。マルチタスクにも対応し、バックグラウンドで動作する万歩計なので、音楽を聴きながら、他の作業もできるところも、おすすめです。各種SNSへの投稿や目標達成時の通知機能、メモや体重、体脂肪、血圧、ルートトラッキング機能などをはじめとし、その他の機能も充実しているところが、人気のポイントです。

Pedometer(歩数計)

歩数計Maipo - 毎日歩こうダイエット!

歩数計Maipo – 毎日歩こうダイエット!
開発元:urecy
無料
posted withアプリーチ

20代の男性層に人気のあるアプリで、月額120円、iPhoneに対応しています。音楽を聴きながらも使えるアプリで、20代の男性に人気があります。距離、カロリー、速度など簡単に記録することができます。

Fit Port

FitPort

FitPort
開発元:Flask LLP
¥370
posted withアプリーチ

Fit Port は、ウォーキングやランニング時間、登った階段の数などのヘルスケア情報を見やすく表示してくれます。iPhone対応のアプリで、月額360円で、レビュースコアが4.5をマークするなど、とても高い評価を得ています。アップルのTVCMで紹介されたり、めざましテレビでも紹介されているおすすめのアプリで、世界23国で、カテゴリー1位を獲得しました。項目ごとにゴールを設定でき、ゴールの回数、連続ゴール数、ベスト記録などの進み具合を確認できます。アップルウォッチには、歩数、距離、カロリーが表示されます。文字盤に、歩数を表示させることもできます。

万歩計アプリは不要?デフォルトの万歩計機能【アンドロイド】

 

歩数計

予め端末に搭載されているアプリの歩数計について、紹介します。機種によって多少の差はありますが、アンドロイド携帯の、ウィジェットの中から万歩計に関するものをホーム画面などに追加していくというかたちです。ホーム画面に追加したら、その「歩数」などのアイコンをタップすると利用を開始することができます。マイページでは、プロフィールや自己ベスト、一週間の記録などを見ることができたり、ホーム画面では食事内容を記録したり、睡眠時間に関しても記録していきます。おすすめなのは、水分のところです。運動をしたときには、水分をとらなくては、と思いますが日常生活の中も、水を摂りたいところです。水分といっても、コーヒーやお茶などは含まれず、「水」を飲みたいのですが、味のついていない水を飲むということは、慣れていないとなかなか難しいことなのかもしれません。身体が余計な仕事をせずして体内に吸収しやすいのは、やはり水ですので、なるべく水を飲む習慣をつけていきましょう。コップ一杯の水が150~200mlとして、一日の理想的な「水」摂取量の1.5リットルを摂るには、なんと10杯飲まなくてはなりません。そこまでは、難しくても身体には必要なものですので、少しずつ飲んでいきましょう。私たちの身体の約60%は水分ですので、しっかり補充していきましょう。ここまでカバーしているこのアプリを上手く使って、健康的にダイエットしていきましょう。

【サーキットトレーニングの参考記事】

【女性トレーナーが教える】サーキットトレーニングとは?女性におすすめメニュー例など

現役の女性トレーナーがサーキットトレーニングのやり方やおすすめのメニューについて詳しくご紹介します。

万歩計アプリは不要?デフォルトの万歩計機能【iPhone】

 

ヘルスケアアプリ

iPhoneに あらかじめプリインストールされているのが、ヘルスケアアプリです。この中には、「アクティビティ」「マインドフルネス」「栄養」「睡眠」の4つにわかれています。アクティビティを開くと「歩数」の項目のところに、今週の歩数が表示されています。新しいiOS11では自動的に利用開始状態になっているのですが、利用開始になっていない場合はアクティビティを有効にする必要があります。 設定を開き、「モーションとフィットネス」を選択し、「ヘルスケア」を有効にします。緑色になれば、有効になっていますので利用開始できます。

果たしてこのiPhoneの万歩計は正確なのか

iPhoneの万歩計は、手持ち、かばんの中、ポケットの中と状況は変わっても、どれも誤差3%以内というかなり高精度な万歩計と言えます。そもそも、どのような機能が搭載されているのかというと、足が床や地面に着地した時の振動を加速度センサーが感知して、歩数をカウントしています。またかばんの中に入っていても、3軸ジャイロの機能で歩数をカウントすることが可能になっています。このように、iPhone独自の機能で万歩計として高い精度を発揮しているので、この機能を使わない手はないといったところでしょうか。更に、別の専用アプリをインストールすることで、タクシーや電車などに乗ったことも記録してくれるなど、機能を拡張することができるので、ヘルスケアアプリがあれば、他の万歩計アプリは不要言えるのではないでしょうか。

【電車ダイエットに関する参考記事】

【理学療法士が指導】電車に乗りながらできるダイエット方法とは?

現役の理学療法士が電車に乗りながらできるダイエット方法をご紹介します。

まとめ

まだ、アンドロイドとiPhoneでは、展開しているアプリの量に差がありますが、だんだんと両方共通して使えるアプリが増えてきているといった印象です。無料のアプリもかなり充実していて、エンターテイメント性の高いものや、健康に特化したもの、ポイントがたまるものなど、万歩計の枠を超えてまだまだ発展しそうな勢いです。賢く利用して、お得に、そして健康的にウォーキングを続けられるように使いたいものです。ポケモンGOの様な一大ブームがまた来るのか、目が離せません。

執筆者

パーソナルトレーナー、IBA認定ボディートーク施術士

あさりど

一人一人違う身体に、いろいろな角度からアプローチして、身体はもちろん心もリセットするお手伝いをしています。現在は2歳児の子育て中で、身体は食べたものでできていることを実感し、栄養学のライセンス取得にむけて勉強中です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Pick up ピックアップ

Recommend おすすめ記事

Campaignキャンペーン

トップに戻る

Contact無料相談

あなたにぴったりのジムを私たちと一緒に探しませんか?
お気軽にご相談ください!

LINEで相談

LINEで無料相談

無料でお電話相談する

無料でお電話相談する

お気軽にお電話ください