【女性トレーナー指導】テレビで話題の「呼吸ダイエット」で痩せる!毎日の習慣で美くびれを作る方法5選

執筆者

フリーインストラクター兼管理栄養士

島田芽衣

現在沖縄にて、フリーインストラクターとして活動。ヨガや格闘技エクササイズ、エアロビクスや筋トレなどのレッスンも担当している。レッスンを通してより多くの方を健康に、笑顔に、幸...

【女性トレーナー指導】テレビで話題の「呼吸ダイエット」で痩せる!毎日の習慣で美くびれを作る方法5選

2019.09.12

皆さんは、呼吸ダイエットという方法をご存知でしょうか。きつい運動や食事制限をしなくても、ただ呼吸を意識するだけで痩せられる、こんな楽なダイエット方法があったらぜひ試してみたいですよね。

いつもの呼吸をほんの少し変えるだけで、痩せて、美しいくびれを作れてしまう方法が、実はあったのです。

今回は、毎日の習慣を痩せやすい身体へと導いてくれる、呼吸ダイエット方法について、詳しくご紹介させて頂きたいと思います。

呼吸ダイエットとは

呼吸ダイエットは呼吸をしながら痩せるダイエット

呼吸ダイエットとは、いったいどのようなダイエット方法のことを言うのでしょうか。

呼吸ダイエットとは、呼吸をしながら痩せることが出来るダイエット方法のことをいいます。
呼吸ダイエットにもいくつか方法はあり、寝たままの状態で行う寝ながら呼吸ダイエット方法や、ストローを使って行うストロー呼吸ダイエット方法、吐く息を長くしながら行うロングブレスダイエット方法など、様々な呼吸ダイエットの方法があるのです。

いつもの呼吸をちょっとした意識によって、痩せる呼吸へと変えてしまうことで、お腹周りが薄くなったり、ウェスト周りがキュッと絞られた美しいくびれが手に入ったりと、様々な効果が呼吸ダイエット法には期待出来るのです。
呼吸ダイエットは、比較的簡単に行うことが出来るダイエット方法になります。
特に、特別な道具や場所を必要としないので、好きな時間好きな場所で、どこでも簡単に行うことが出来るのが、呼吸ダイエットの良いところでもあります。

例えば、朝の通勤途中や仕事帰り、家事をしているときやお仕事のちょっとした隙間時間などにも行うことが出来ちゃうのです。
そのため、呼吸ダイエットを習慣化することさえ出来れば、普段の日常生活が、痩せやすい身体作りの時間へとどんどん変わっていくのです。
わざわざ忙しい中、時間を作ってまでスポーツジムなどへ通わなくても済んでしまうのです。

呼吸ダイエットは、簡単に始めやすいというのと、何よりも重たいものを持ったりする、きつい筋力トレーニングのようなものではないので、運動初心者の方や、身体を動かすのが苦手な方にもおすすめのダイエット方法になります。

また、現代人の多くは、呼吸が浅い方が多いとも言われています。呼吸が浅いと酸素が身体の中に取り入れづらくなり、代謝が下がる原因にもなってしまいます。

今回ご紹介させて頂く呼吸ダイエット方法は、試してみる価値はあると言えるでしょう。

呼吸ダイエットの効果

呼吸ダイエットで手軽にくびれがゲット出来る


呼吸ダイエットの効果について詳しくご説明させて頂きます。
呼吸ダイエットの効果とは、ウェスト周りがキュッとくびれやすくなったり、ぽっこりお腹が改善する以外にも、姿勢が良くなったり睡眠の質が良くなったりと、様々な効果が期待出来るのです。

呼吸ダイエットを行うことにより、深い呼吸が繰り返され、身体の「腹横筋」という筋肉が働きやすくなります。
この「腹横筋」という筋肉は、お腹のコルセット筋とも呼ばれており、お腹の中の筋肉、またはお腹のインナーマッスルの筋肉の一つでもあります。

その「腹横筋」が働くことで、お腹の中の腹圧を高めてくれ、食事をしてもお腹が出づらいぽっこりお腹の解消につながっていくのです。
また、腹横筋が働きお腹の中の腹圧が高まることで、腹筋強化にもつながっていきます。
腹筋が強化されると、姿勢改善や腰痛改善または腰痛予防にもつながっていくのです。

また、深い呼吸が出来るようになると、身体の中に酸素を多く取り入れやすくなります。
身体の中に新鮮な酸素がたくさん入ることで、身体の中の血流の流れというのが良くなっていきます。

血流の流れが良くなると、代謝が上がり、普段の消費カロリーというのが増えていきます。
呼吸ダイエットを行い普段の消費カロリーが増えて、結果、痩せやすくなったり、痩せやすい身体へとつながっていくのです。

さらに、呼吸ダイエットによって深い呼吸が出来るようになることで、睡眠の質というのも上がっていきます。
深い呼吸が出来るようになると、深い眠りにもつきやすくなり、睡眠の質というのも上がっていくのです。
深い呼吸は、脳のリラックス効果を高めてくれ、脳内をリフレッシュさせてくれる効果もあります。

そして、呼吸ダイエットによりご自身の呼吸をコントロールすることが出来るようになることで、お仕事場や公共の場で緊張しにくくなったり自己調整も出来るようになります。

呼吸ダイエットの効果は、痩せるだけでなく、仕事がはかどったり、睡眠の質が良くなったりと、日常生活が今よりもさらに良くなる効果が期待出来るのです。

【くびれダイエット参考記事】

モデル級のくびれを手に入れたい!お腹のくびれダイエットの方法と普段からできるトレーニング

今回の記事ではくびれをつくる方法や、普段からできるトレーニングをご紹介します。

呼吸ダイエットはテレビでも紹介された?

呼吸ダイエットはテレビでも紹介されるほど今人気のダイエット方法


呼吸ダイエットは、テレビでも紹介される程、今話題のダイエット方法の一つともなっております。

中でも「世界一受けたい授業」というテレビ番組で紹介された呼吸ダイエットが、痩せたい女性の方達の中でも話題となっております。

「世界一受けたい授業」で紹介された呼吸ダイエットは、「逆腹式呼吸」や「5秒筋トレ」という呼吸ダイエット方法が紹介されておりました。
「逆腹式呼吸」や「5秒筋トレ」という呼吸ダイエットは、柔道整復師でもありパーソナルトレーナーでもある松井薫先生が考案したダイエット方法になります。

なんとこの呼吸ダイエットをすることによって、筋力アップや代謝アップが期待出来るというのです。
寝たままの状態や、立った状態のままでも行うことが出来ますし、「5秒筋トレ」ではたったの5秒間だけ意識して行えば、ダイエットが出来てしまうという、長く時間が取れない方にもおすすめのダイエット方法とも言えるでしょう。

逆腹式呼吸とは、腹式呼吸の逆を行う呼吸ダイエット方法になります。
吸う息でお腹をへこませていき、吐く息でお腹を膨らませていくというやり方になります。

この逆腹式呼吸を行うことによって、普通の腹式呼吸よりかは腹圧がさらに高まりやすくなる効果が期待出来るのです。

「5秒筋トレ」の呼吸ダイエット方法については、後ほど詳しくご説明させて頂きたいと思います。

寝ながら呼吸ダイエットをする方法

寝ながら呼吸をするだけでダイエットが出来るやり方

呼吸ダイエットの方法は様々なやり方がありますが、まずは寝たままの状態で出来る「寝ながら呼吸ダイエット」という方法をご紹介させて頂きたいと思います。

用意するものは、厚みのある本(2〜3冊程)とタオルです。

寝ながら呼吸ダイエットのやり方

1.まず、本を重ねてその上にタオルを被せます。そして、タオルを被せた本の上に仰向けの姿勢を作ります。

2.両膝を立てて、そこから3秒程かけて手を頭の上にバンザイしていきます。
3.バンザイの状態から、今度は7秒かけて息を吐きながら腕を横へ開きながら下ろしていきます。
4.これを3セット程行っていきます。

5.息を吸うときは鼻から、息を吐くときは口から吐くようにするのもポイントです。
そして、息を吸うときは、お腹から胸を膨らませていくように吸って、肋骨を開きながら腕を持ち上げていきます。
息を吐くときは、口を開きながら、開いた肋骨を締めるように、また膨らんだお腹を薄くするように吐いていきましょう。

この呼吸をすることで、垂れ下がっていた内臓の位置を本来の位置へと正してくれて、お腹周りの脂肪燃焼効果も高めてくれます。

手軽に簡単に出来ますが、この寝ながら呼吸ダイエットを行うことで、やる前とやった後では、やった後の方が身体か整った感覚、軽い感覚、数秒しかやっていないのにお腹がへこんだなどという効果が、実感出来るでしょう。

5秒ダイエット呼吸とは

たったの5秒間呼吸を意識するだけで痩せるダイエット

続いては、5秒ダイエット呼吸のやり方についてご紹介させて頂きたいと思います。
こちらの5秒ダイエット呼吸は、世界一受けたい授業でも紹介されていたダイエット方法でもあります。

5秒ダイエット呼吸のやり方

5秒ダイエット呼吸のやり方は簡単です。
1.まず、立った姿勢を作り、両手を上げ握りこぶしを作ります。
2.そこからこぶしとこぶしをくっつけながら、頭の後ろの方に向かって両膝を曲げていき、こぶしの小指側同士をくっつける姿勢を作ります。
3.その状態からどちらかの脚を一歩前に出し、かかとを持ち上げます。
4.息を吸ってお腹をへこませて、吐く息でさらにお腹を絞るよう身体を前に倒していきます。

5.このとき、5秒間かけて息を吐ききります。あごを軽く引いて、目線はやや下を見るようにしましょう。
6.そして、そのまま5秒間キープをしていきます。

5秒間呼吸ダイエットのポイントとしては、肘を曲げる位置は耳よりも上に挙げる、息を吐くときは口から吐き出すというのもポイントになります。

5秒間呼吸ダイエットを行うことで、より腹筋に意識が入りやすくなり、腹圧も高まり、ぺたんこお腹へと導いてくれることでしょう。

空いた隙間時間にやるのも良いですし、筋力トレーニングをしている人であれば、筋力トレーニング前に行うと、さらに腹筋に力が入りやすくなったり、腹圧を高めながらのトレーニングがしやすくなるでしょう。

腹式呼吸ダイエットの方法

腹式呼吸でダイエットやリラックス効果も期待できる

呼吸ダイエット方法のやり方続いては、腹式呼吸ダイエットです。腹式呼吸ダイエットのやり方を、次から詳しくご紹介させて頂きたいと思います。

腹式呼吸ダイエットのやり方

1.まず、ベットや布団、マットなどの上に仰向けになります。
2.仰向けの姿勢が出来たら、両手をお腹にあてて、普段通りの呼吸をします。

3.次に鼻からゆっくりと大きく息を吸って、お腹や胸を膨らませていきます。

4.吸いきったらふぅ〜っとゆっくり口から息を吐き出し、膨らんでいた胸やお腹を薄くしていきます。

5.これ以上吐ききれないぐらいふぅーっとお腹がぺったんこになるまで息を吐き切ります。

6.息を吐き切ったらまた鼻からゆっくりと息を吸い、ぺたんこになっていたお腹、胸の順番に膨らませ、酸素を身体の中に取り入れます。

7.吸い切ったらふぅ〜っとゆっくり口から息を吐き出して胸やお腹を薄くしていきます。

8.この動作を繰り返しをしていきます。

この腹式呼吸をすることで、腹横筋やお腹のインナーマッスルが活性化され、ぺったんこお腹やウェスト周りのくびれ効果が期待出来るでしょう。

寝た状態や立った状態でも出来ますので、気が付いた時やお時間があるときにでも行なってみてください。

また、腹式呼吸は、身体をリラックスさせてくれる効果もありますので、夜寝る前などに行うのもおすすめです。

【腹式呼吸ダイエット参考記事】

【女性トレーナー直伝】話題の「腹式呼吸ダイエット」とは?逆腹式呼吸との比較・実践方法などを解説!

この記事では腹式呼吸ダイエットの効果や、そのやり方を詳しくご紹介していきます。

ストロー呼吸ダイエットの方法

ストロー呼吸ダイエットでウエストが引き締まる

続きまして、ストロー呼吸ダイエットというやり方をご紹介させて頂きたいと思います。
ご準備して頂くものは、ストローとハサミとセロハンテープです。

ストロー呼吸ダイエットのやり方

1.まず、用意したストローを5cm程の長さにハサミを使って切ります。

2.ストローの先端どちらかを、平たくつぶします。

3.平たくつぶしたストローの先端部分の方に、セロハンテープを使って半分だけ口を塞ぐようにとめていきます。

4.セロハンテープを貼っていない方のストローの先端部分を口で加えられるよう準備をします。

5.鼻から息を大きく吸います。

6.ストローを加えて5秒間かけて強く息を口から吐き出していきます。

7.吐き出したらまた鼻からゆっくりと大きく息を吸って、ストローを加えて5秒間かけて口から強く息を吐き出していきます。

8.これを3分間程繰り返していったら終了です。

ストロー呼吸ダイエットを行う上でのポイントとしては、息を吐くときに、強く吐いていくことです。

ストロー呼吸ダイエットを行う際に、より強く吐くことが必要になっていきます。
そうすることで、腹筋にさらに力が入りやすくなり、腹筋運動をしているのと同じくらいの効果が得られるとも言われております。

実際にストロー呼吸ダイエットを行った方も、2週間続けた結果ウェスト周りに変化が見られた方も多く、試してみる価値はあると言えるでしょう。

ロングブレスダイエットの方法

メディアでも有名ロングブレスダイエットを試してみよう

続いては、ロングブレスダイエットのやり方をご紹介させて頂きたいと思います。

ロングブレスダイエットも、テレビなどで紹介されており、知っている方も多いのではないでしょうか。

ロングブレスダイエットのやり方

1.まず立った姿勢を作ります。
2.どちらかの片足を前に出し、つま先立ちになり、両方のお尻に力が入ったのを確かめます。
3.お尻にえくぼを作るようキュッと力が入ったまま、かかとを下ろしてその状態を保ちます。このとき、両足のつま先は外向きに、足がクロスした状態になっています。
4.そして、後ろの足に90パーセント体重をかけていきます。この時絶対に身体を反らさないように注意して身体はなるべく真っ直ぐ状態のまま、この姿勢を保っていきましょう。
5.そこから3秒かけて鼻から息を吸っていきます。吸っていくと同時に両手も下から上へと持ち上げていきましょう。
6.3秒間かけて吸い切ったら、7秒間かけて口から強く息を吐き出していきます。
このとき、7秒間のうちの最初の3.4秒くらいまでは強く息を吐き出して、残りの7秒間に達するまでに息を吐き切るようにします。
また、吐き出す息とともに、両手も外側から下ろし、お尻の横あたりの高さまで下ろしていきます。

7.この動作を、約2分間程繰り返していきます。

【ロングブレスダイエット参考記事】

【ヘルスコーチ直伝】女性の呼吸法ダイエットは「ロングブレス」がおすすめ!方法やメリットとは

ロングブレスダイエットの具体的なやり方と気になるその効果についてご紹介します。

呼吸ダイエットをする頻度や期間

呼吸ダイエットはできれば毎日1~3分程でいいので続けてみよう

呼吸ダイエットの方法は様々ありましたが、いったいこれはどのくらいの頻度で、どのくらい続けた方が良いのでしょうか。
呼吸ダイエットをする頻度や期間について詳しくご説明させて頂きたいと思います。

呼吸ダイエットをする頻度や期間は、呼吸ダイエット方法の種類にもよりますが、だいたい1日2〜3分程度のお時間で、出来たら毎日行うと、より呼吸ダイエットの効果が得られやすいと言えるしょう。

もし毎日は難しいという方は、週2回でも3回でも出来るだけ多く行えるときにやった方が、効果は早く得られやすくなるのでおすすめです。

呼吸ダイエットを行う期間については、1週間から2週間程を目安にして行い、呼吸ダイエットをやる前とやった後の体型の変化を比較してみると良いと思います。

個人差にもよりますが、早く効果を得られるという方もいらっしゃいますし、2週間程ではあまり効果や変化が感じられない、という方もいらっしゃると思います。

まずは、長くても2週間程を目安にして呼吸ダイエットを行なってみてください。

もしも行なってみて、効果が出ないといった方は、呼吸ダイエットのやり方がちゃんと合っているのかどうかを再確認したり、効果が得られやすいからといって安心して食事の方を、いつもより食べすぎていないかどうかなどの見直しをしてみたりするのをおすすめ致します。
そして、再度挑戦してみて、一番始めのやる前とやった後の違いというのを比べてみると良いでしょう。

呼吸ダイエット消費カロリーランキング

呼吸ダイエットの消費カロリーはストロー呼吸ダイエットが一番高い

呼吸ダイエットの消費カロリーランキングということで、今回ご紹介させて頂きました5つの呼吸ダイエットについて、消費カロリー順に比較しランキングをつけてみたいと思います。

消費カロリーが高い順番に並べていくと、ストロー呼吸ダイエット〉ロングブレスダイエット〉5秒間呼吸ダイエット〉腹式呼吸ダイエット〉寝ながら呼吸ダイエットという順番になるのではないかと予想されます。

今回ご紹介させて頂いた呼吸ダイエットで、一番消費カロリーが高いと予想されるのは、ストロー呼吸ダイエットです。

こちらのストロー呼吸ダイエットは、ストローを使って息を吐き切っていくため、通常よりも息を吐きにくくなっています。
そのため、吐き切るためには、かなりの息を吐く力が必要であると考えられるため、一番消費カロリーが高いのではないかと予想されます。

ロングブレスダイエットと5秒間呼吸ダイエットは、どちらも同じくらいの消費カロリーだと思いますが、ストロー呼吸ダイエットとこの2つのダイエット方法を比べると、吐く息というのはロングブレスダイエットと5秒間ダイエットは個人差が生じられるため、強く息を吐いたとしても、まだ力が残っていたり、あまり吐き切れていない、といったことが起きるのではないかと予想されます。

それに比べてストロー呼吸ダイエットは、ストローの口が狭く吐く目安が分かりやすいため、吐く力というのも入れやすく、何もない状態で息を吐くより、ストローを使った方が強く吐くことが可能になり、消費カロリーも多くなるのではないかと考えられるため、ストロー呼吸ダイエットがロングブレスダイエットと5秒間呼吸ダイエットよりかは消費が多いと予想されます。

ストロー呼吸ダイエットの次に消費カロリーが高いのは、ロングブレスと5秒間呼吸ダイエットの2つになるのではないかと思われます。

ロングブレスと5秒間ダイエットはあまり大差はないという感じですが、ロングブレスの方が息を吐く時間が少しだけ長いため、ロングブレス〉5秒間ダイエットという順番をつけさせて頂きました。

また、腹式呼吸ダイエットと寝ながら呼吸ダイエットは、他の呼吸ダイエットよりかは寝た姿勢が多いため、立ち姿勢よりかは消費カロリーは少ないと考えられるため、4位5位という順位をつけさせて頂きました。

どの呼吸ダイエットにも言えることは、呼吸を深め、日常生活の活動消費量を増やし、痩せやすい身体へと導いてくれる効果が期待出来ますので、消費カロリーに関係なく、ご紹介させて頂いたどれか一つの呼吸ダイエットを行うだけでも、呼吸ダイエットの効果は期待出来るということが言えるでしょう。

まとめ

呼吸ダイエットについて、今回ご紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。
呼吸ダイエットを行うことで、代謝が良くなったり、くびれが手に入ったり、睡眠の質が良くなるなど様々な効果が期待出来ます。

呼吸ダイエットは、器具などが必要なく、手軽に行うことが出来ますので、普段の日常生活に取り入れることで、日常生活の時間がご自身の身体磨きの時間へと変わっていきます。

ぜひ、運動初心者の方や運動が苦手の方、あまりお時間がとれないけれどもダイエットしたい、美しいくびれを手に入れたいという方は、今回ご紹介させて頂きました5つの呼吸ダイエットを試してみてくださいね。

お腹痩せが得意なパーソナルトレーニングジムはこちら

お腹痩せに強いパーソナルトレーニング・ダイエットジム

【最大4万円キャッシュバック実施中】女性の向けの人気おすすめのパーソナルトレーニングジム・ダイエットジムを探すならジムカツ

ダイエットにはパーソナルジムがおすすめ

自宅でのトレーニングは効果が出ない・・・
自分一人ではジム通いが全然続かない・・・
そんなダイエットやボディメイクの悩みはありませんか。

そんな方にはパーソナルジムがおすすめです。
プロのトレーナーがマンツーマンであなたに合ったボデイメイクや食事管理のサポートをしてくれます!

ジムカツ編集部がオススメするパーソナルジム特集

そうは言っても年々増えていくパーソナルトレーニングジムの中から自分にぴったり合うジムを探すのは中々大変です。
そこで、まずはジムカツが紹介する400店舗以上のジムの中からジムカツ編集部がオススメするいちおしのパーソナルジムをご紹介します!

Lime(ライム)パーソナルジム

Lime(ライム)パーソナルジム

詳細情報

  • オススメポイント:女性が通いやすいおしゃれな内装のジム
  • コース料金:75,000円(税抜)/月〜
  • 無料体験:あり
  • 店舗エリア:東京25店舗・千葉・横浜・大宮・名古屋・大阪


Apple GYM(アップルジム)

Apple GYM(アップルジム)

詳細情報

  • オススメポイント:日本一芸能人が通うジム
  • 入会金:38,000円(税別)
  • コース料金:80,000円(特別価格)
  • 店舗エリア:吉祥寺・銀座・福岡・恵比寿・中目黒・中野・二子玉川・横浜


痩せたい部分にアプローチ「ビカラダ!」

痩せたい部分にアプローチ「ビカラダ!」

詳細情報

  • オススメポイント:魅せたい部分にアプローチ!痩せたいパーツが選べる!
  • コース料金:¥40,000 (税別)〜
  • 無料体験:あり
  • 店舗エリア:池袋・福岡・大阪・岐阜・川崎・武蔵小杉・大宮・北千住・銀座・立川・札幌

ジム選びにお悩みの方はご気軽に無料相談を


とは言え、パーソナルジム選びは理想の恋人探しのようなもの!
たくさん選択肢があって選ぶのは大変ですが、必ずあなたにあったジムは見つかります。

パーソナルジム選びに不安がある方は、ジムアドバイザーがあなたに最適なジムを無料でご紹介します!
ジムカツからの最大4万円のキャッシュバックでお得にジムに入会しましょう。

執筆者

フリーインストラクター兼管理栄養士

島田芽衣

現在沖縄にて、フリーインストラクターとして活動。ヨガや格闘技エクササイズ、エアロビクスや筋トレなどのレッスンも担当している。レッスンを通してより多くの方を健康に、笑顔に、幸せに導いていくことを目標に日々活動に励んでいる。またその傍、管理栄養士としての執筆活動も行なっている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Ranking ランキング

Recommend おすすめ記事

Campaignキャンペーン

トップに戻る

Contact無料相談

あなたにぴったりのジムを私たちと一緒に探しませんか?
お気軽にご相談ください!

LINEで相談

LINEで無料相談

無料でお電話相談する

無料でお電話相談する

お気軽にお電話ください