【トレーナー指導】EMSの効果はどのくらい?ダイエットしたい女性におすすめ

執筆者

パーソナルトレーナー、コーチャー

フィガロ

パーソナルトレーナー、コーチャーとして13年活動しています。 現代は生き方が多様化していることから、一人ひとりに合ったパーソナルケアが大切な時代です。 知識や経験をもとに、...

【トレーナー指導】EMSの効果はどのくらい?ダイエットしたい女性におすすめ

2019.12.06

体脂肪を減らしたりきれいなウエストラインをつくったりするためには、筋トレやジョギング、食事制限などいろいろな方法があります。しかし、どれも正しい知識や努力が必要なため、モチベーションが続かず挫折する人は少なくありません。

そこで、今注目されているのが「EMS」です。体に装着するだけで自動的に筋肉が刺激され、ダイエット効果が期待できる人気のマシンです。

ここでは、EMSの効果や使い方、おすすめのEMS、使用する際の注意点などについて解説していきます。

EMSとは?


EMSとは、Electrical Muscle Stimulationの略で、電気的な刺激を筋肉に与えることで、筋力トレーニングのような筋肉の収縮を得ることができるマシンです。次のように、通常のトレーニングにはないメリットがあるのが特徴です。

・装着するだけで自動的に鍛えてくれる
パッドを気になる部分に貼り付けるだけで、EMSが自動的に鍛えてくれます。

ダンベルを持って腕を曲げる筋力トレーニングでは、脳が腕の筋肉に命令を出すことで筋肉が収縮し、ダンベルが持ち上がります。

しかし、EMSではこの脳の命令が必要ありません。設定したEMSの電気信号によって筋肉が使われるためです。

このような特徴を生かすことで、家事をしたりテレビを見たりしている最中もEMSでトレーニングすることができます。

・途中でトレーニングが止まらない
EMSの使用中は、脳と筋肉の伝達がないため、筋肉の疲労が原因でトレーニングがストップすることはありません。

通常のトレーニングの場合、筋肉に疲れを感じるとその疲れが脳に伝わり、「これ以上筋肉を動かすな」という命令が筋肉に出されます。すると、余力があっても筋肉を動かすことをやめてしまうのです。

EMSは、意志の力が弱くてがんばれないと思っている人でも、しっかり筋肉を追い込むトレーニングができます。また、体を動かす必要がないため、運動が苦手な人にとっても大きなメリットでしょう。

ジムに通うのが面倒な場合も、マシンを装着するだけなので簡単にトレーニングができます。

・コストパフォーマンスが良い
費用が少なくて済むこともメリットでしょう。

ジムに通う場合は、月会費やトレーニングウェアなどの出費が必要です。その金額は決して安くありません。

一方、現在販売しているEMSは、技術開発や競争などによって手頃な価格に落ち着いています。そのため、少ない金額で、自宅で効果的なトレーニングをすることができるでしょう。

足痩せ・足ダイエットについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。
【足痩せに関する参考記事】

【女性トレーナー指導】足が細くなりたい!短期間で足を細くする方法10選

現役の女性トレーナーが足痩せに効果のあるトレーニングやマッサージをご紹介します

EMSの期待できる効果とは?

EMSは、筋力トレーニングと同じような働きをするため、筋力アップや代謝量の増加などの効果が期待できます。しかし、特に期待できる効果はインナーマッスルへの刺激でしょう。

インナーマッスル(深層筋)とは、上腕二頭筋や大胸筋のように皮膚に近いところにある表層筋ではなく、その奥に存在する筋肉のことです。

腹部の場合、手で触って確認できる腹直筋や腹斜筋の奥、内臓側にインナーマッスルがあります。このお腹のインナーマッスルが弱くなると、内臓が垂れてきたり下腹が出たりします。

そのため、腹筋全体を鍛えてスリムなウエストラインにするためには、インナーマッスルの強化は欠かせません。

しかし、通常のトレーニングでは表層筋に効くことが多く、トレーニングを続けてもインナーマッスルを強化できないことがあります。EMSを腹部に使用すると、意思とは関係なくインナーマッスルを含めた腹筋全体が鍛えられます。

EMSは他にも、太ももや二の腕の引き締めのように、部分痩せにも効果が期待できるでしょう。

EMSの効果的な使い方と時間


EMSを効果的に使うためには、使い方と時間に注意しましょう。

まず、効果を出すためには正しい位置に貼り付けることが大切です。筋繊維と平行になるように装着しましょう。

貼り付ける位置がずれてしまうと、狙った筋肉に電気信号が正確に伝わりません。位置がわかりにくい場合は、鏡を見ながら装着することをおすすめします。

次に、強さのレベルを少しずつ上げることも重要です。

最初から筋力以上の刺激を与えるのではなく、適度なレベルからはじめることで負担を感じることなく続けられるでしょう。

効果的な使用時間は、商品や選択するモードによって異なります。

たとえばシックスパッドの場合、1回のトレーニング時間は23分です。23分間装着するだけで効果的なトレーニング効果が期待できます。

ただし、プログラムの途中でも、強い筋疲労や痛みなどが出てきた場合は停止するようにしてください。

また、EMSを使用する期間は通常のトレーニングと同様です。効果が出るまでに2~3カ月続ける必要があります。

チェストプレスについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。
【チェストプレスに関する参考記事】

【女性トレーナー直伝】バストアップには「チェストプレス」がオススメ!

女性でも無理せず出来るトレーニング方法・コツを分かりやすくご紹介します。

現役の女性トレーナーが足痩せに効果のあるトレーニングやマッサージをご紹介します

EMSを紹介!

現在、EMSは様々な商品が販売されています。その中でもおすすめの家庭用EMSを紹介します。

シックスパッド

シックスパッドは、世界トップレベルのEMS理論をもとにトレーニングができる充電式のEMSです。その特徴は、痛みのない構造をしていることやクリスティアーノ・ロナウドが開発に関わっていることです。

EMSは筋肉に電気刺激を与えるため、どうしても痛みが出てしまいます。しかしシックスパッドでは、低周波を使った独自技術によって、痛みのない構造を作り上げることに成功しました。

また、有名サッカー選手のクリスティアーノ・ロナウドのトレーニング技術も取り入れることで、より高い効果が得られるように研究されています。

シックスパッドのEMSは、腹筋だけでなく腕や脚専用、部分用など、種類が豊富にあります。そのため、部分痩せだけでなく全身をスリムにしたい人にもおすすめです。

さらに、強さのレベルが20まであるため、はじめてトレーニングする人から筋肉をしっかり鍛えたい人まで幅広く使えます。

スレンダートーン

スレンダートーンは、アメリカFDAの認可を受けた有効性や安全性の高いEMSです。

スレンダートーンの特徴は、腹筋全体に強力に刺激を与える「トリプルトーニングシステム」、ベルト以外の部分も広く鍛える「CSIテクノロジー」、表面の筋肉とインナーマッスルの両方を鍛える「コアトーニングテクノロジー」などの独自技術です。

通常のトレーニングで腹筋を鍛えようとすると、腹直筋や腹斜筋などを分ける必要があります。しかしスレンダートーンの場合は、特許を取得した独自システムで腹筋全体にまんべんなく、そしてインナーマッスルまで刺激を与えることができるため、より短時間でのトレーニングが可能です。

また、EMSの欠点だった狭い範囲だけの刺激ではなく、広範囲の筋肉を鍛える技術も採用されています。そのため、効率的な全身トレーニングができるでしょう。

また、様々なプログラムが用意されていて、操作一つで目的に応じた運動強度に設定することができます。

腹筋ベルト

EMSの中には、低価格を実現した腹筋ベルトもあります。

たとえば「SLOTRE EMS」は、6種類のモードと9種類の強度が設定できるにも関わらず、約3,000円で購入できるEMSです。消耗品のパッドを含めても、1日あたり約55円で続けることができます。

SLOTRE EMSは、コンパクトサイズながら広範囲をカバーしているため、鍛えられる筋肉の範囲も広いです。

電気刺激のベースは低周波です。20~60Hzの電流を流すことで、痛みを減らしながら筋肉の深部まで刺激を与えることができるでしょう。

また、USBでの充電やパッドからリモコンを取り外すことができるなど、使い勝手もよいです。リモコン一つあれば、お腹パッドやベルトパッド、腕パッドの3つのパッドを操作することができます。

むくみ解消ついて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。
【むくみ解消に関する参考記事】

【女性トレーナー指導】足のむくみはこれで解決!むくみの原因と解消法6選

現役の女性トレーナーが足のむくみの解消方法を詳しくご紹介します。

EMSを使う上での注意点

EMSを使用する際に注意したい点がいくつかあります。守らずに使用してしまうと、効果が出ないだけでなく体に危険なこともあるため注意しましょう。

・心臓に近い部分には使わない
心臓に近い場所には使わないようにしてください。EMSは電気信号を筋肉に送るマシンのため、心臓に伝わると危険です。

そのため、大胸筋や背筋への使用は避けるようにしましょう。

・ペースメーカーの使用中や妊娠中の人は使わない
ペースメーカーを使用中の人や妊娠中の人は、EMSを使用しないようにしてください。

ペースメーカーは、心臓に電気信号を送ることで心拍を安定させる医療機器です。EMSの使用は、そのペースメーカーの電気信号を狂わせる可能性があります。

また、妊娠中の場合も注意してください。特に、腹筋への使用はお腹の赤ちゃんに影響が出る恐れがあります。

・1日に何度も使用しない
同じ部位に対し、1日に何度も使わないことも大切です。

早く痩せたいがために各商品の推奨回数を超えた頻度で使用しても、効果が高まらないばかりか筋肉が十分回復せずに逆効果になる恐れがあります。脳では疲労を感じていなくても、筋肉への疲労が蓄積していることがあるためです。

・自分に合った強さに設定する
EMSを使用する際は、自分の筋力に応じた強さのレベルに設定することが大切です。現在の筋力以上に強い刺激を与えると、筋肉を痛める可能性があるためです。

また、装着する部分の脂肪が多い場合、刺激を感じにくい傾向があります。

この場合、必要以上にレベルを上げたり長時間使ったりしないことが大切です。意識せずに強い刺激が伝わっていることがあるためです。

・皮膚に異常が出たら使用を中止する
皮膚にパッドを貼るタイプのEMSは、肌が弱いとかぶれたり湿疹ができたりすることがあります。そのため、皮膚に異常が見られたら、すぐに使用を中止するようにしてください。

また、貼り付ける部位に新しい傷がある場合も使用しないようにしましょう。

【ランジの参考記事】

【トレーナー指導】ランジ(筋トレ)の女性向けやり方を解説!

現役のトレーナーが美脚を作り出すランジのやり方やおすすめメニューなどを詳しくご紹介します。

まとめ

EMSは、楽して痩せたい人におすすめのダイエットグッズです。

通常のトレーニングは、時間や場所、モチベーションの維持などが必要です。しかしEMSを使うことで、家事や仕事をしながらでも鍛えることができます。

特にインナーマッスルに対する刺激は、高いダイエット効果が期待できます。

ただし、心臓に近い部分には使用しないことや、1日のうち同じ部位に対し何度も使ったり長時間使ったりしないことなどの注意点は守るようにしてください。

あなたに合ったEMSを選べば、より効率的に理想的なウエストラインやヒップラインをつくることができるでしょう。

EMSの効果やおすすめのEMSに関する記事はいかがでしたか?あなたのまわりにもEMSで楽して痩せたい、もっと効率的なダイエットをしたいと思っている方がいましたら、ぜひシェアしてください。

執筆者

パーソナルトレーナー、コーチャー

フィガロ

パーソナルトレーナー、コーチャーとして13年活動しています。 現代は生き方が多様化していることから、一人ひとりに合ったパーソナルケアが大切な時代です。 知識や経験をもとに、皆さんが活力ある毎日を送れるよう価値のある情報を提供していきます。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Pick up ピックアップ

Recommend おすすめ記事

Campaignキャンペーン

トップに戻る

Contact無料相談

あなたにぴったりのジムを私たちと一緒に探しませんか?
お気軽にご相談ください!

LINEで相談

LINEで無料相談

無料でお電話相談する

無料でお電話相談する

お気軽にお電話ください