効果のあるりんご酢ダイエット方法|美味しく長く続けられるためのおすすめリンゴ酢と効果的な飲み方

執筆者

フリーヨガインストラクター

mayrealstyle

これまでフィットネスインストラクターとして活動していました。

効果のあるりんご酢ダイエット方法|美味しく長く続けられるためのおすすめリンゴ酢と効果的な飲み方

2019.10.22

昔から、誰しもがお酢は身体に良いと聞いた事があると思います。その中でも飲めるお酢としてリンゴ酢も昔から商品化され、スーパーやコンビニに並んでいます。

リンゴ酢にはどのような健康効果、そしてダイエット効果はあるのか?おすすめの商品や飲み方をご紹介します。

なぜ今りんご酢ダイエットが注目されているのか

りんご酢ダイエットは簡単!

美容と健康に気を使っている方なら、一度は聞いた事があるであろうリンゴ酢。昔からお酢は身体に良いと言われていて、その中でもリンゴ酢は数十年前から商品化され、スーパーなどで様々な種類が必ずと言って良いほど販売されています。

リンゴ酢は簡単に言うとりんご果汁をアルコール発酵させた後、さらにお酢に漬け込んで発酵させたものです。アップルサイダービネガーと言われ欧米でも注目されていて、夜寝る前に飲むとダイエット効果や健康に良いと言われ人気が急上昇しました。また数々のモデルや女優が取り入れ、美肌や健康効果を実感し話題にもなりました。

お値段もとてもリーズナブルで、様々な種類がありとても簡単に手に入れる事ができるので、ダイエットが長続きしない、難しいことはしたくないという方に継続できる健康ダイエット法として注目されています。

リンゴ酢はジュース感覚で普段のドリンクとして飲んだり、様々なアレンジも可能です。1日の摂取量には適量があるので、お酢が苦手な方でも毎日継続しやすいでしょう。またお料理にも幅広く使えたり、普段の生活の中にとても簡単に取り入れる事ができるので、今すぐ始められるとても簡単なダイエット方法だと言えます。

りんご酢ダイエットは続きやすい!

リンゴ酢は食事の後に飲んだり夜眠る前に飲んだり、暑い夏の日中のドリンクとしてジュース感覚で飲んだりと、簡単に普段の生活の中に取り入れる事ができます。基本的にはお水で割ってそのまま飲みますが、夏は炭酸で割って爽やかに、酸っぱさやクセがあって苦手という方は、はちみつを入れたり牛乳で割っても美味しく飲めます。

しかし、大量に飲めば効果がでると言うものではなく、1日の摂取量は15〜30ml(大さじ1杯〜2杯)が適量とされているので、適量を毎日継続して続ける事が大切です。お酢があまり好きではない方もこのくらいの量だと続けて毎日飲める範囲だと思いますので、頑張ってチャレンジしてみましょう。

ご自身の体調や体質と相談して無理なく行うために、そのままストレートで飲むのはできるだけ避けましょう。

また飲むだけではなく、食べたりお料理にも幅広く使えます。ヨーグルトに混ぜてヨーグルトドリンク風味や、オリーブオイルと合わせれば、簡単ビネガードレッシングで美味しいサラダの出来上がりです。スイーツとしてゼリーにもできますし、和食にも活用できます。酢の物や煮物、中にはお味噌汁に入れる方も。

このようにとっても普段の生活に取り入れやすいので、長続きしない方でも比較的無理なく続けやすい方法だと言えます。

りんご酢ダイエットは科学的に証明されている!?

リンゴ酢は血圧上昇の抑制や、抗菌効果など様々な効果をもたらす事が科学的にも証明されています。ではダイエットにはどうでしょうか。

リンゴ酢には酢酸という活性成分が含まれていて、この酢酸は毎日継続して摂取する事で内臓脂肪の減少や脂肪燃焼効果、食欲のコントロールなどのダイエットには嬉しい効果が期待できると述べられています。

しかし飲み過ぎには注意が必要です。前述した通り1日の適量で大さじ1杯〜2杯、それ以上摂取すると有毒作用があるとも言われていますので、摂取量はりんご酢の効果を安全に試すためにはとても気をつけるべきところです。

証明されているダイエット効果は、リンゴ酢に含まれている酢酸という成分がでんぷんを消化する酵素の働きを妨げる効果があるので、胃の中で炭水化物のカロリー摂取を抑える事ができるという事です。

しかし科学的に証明されているとはいえ、リンゴ酢を飲むとすぐに体重が減る、と言う事ではなさそうです。飲めば誰しもがすぐにでも簡単に痩せるとは限らないのです。リンゴ酢を飲んでいるからと言って、食事で普段の倍以上食べてしまったり、カロリーを大幅にオーバーしてしまうと元も子も無くなってしまいます。

しかし健康的にみても、リンゴ酢を取り入れるメリットはかなりあると思います。普段の生活から食事の見直しや適度な運動をする事を心がけましょう。

りんご酢ダイエットの方法

いつ飲むのがいいのか

基本的には自分の生活リズムに合わせて1日数回に分けて飲みましょう。朝夜どちらかのタイミングで飲んだり、無理のない時間帯や摂取量で飲む事が大事ですが、いくつかの効果的なタイミングと飲み方があります。

リンゴ酢には糖質が体内に取り込まれるのを抑制する働きがあるので、食後がおすすめです。またリンゴ酢は酸性で、消化機能を高めてくれる働きがあります。

しかし濃度の高いリンゴ酢を飲んだり、胃が空っぽの状態ではかなり負担をかけてしまいますので、食前や空腹時は避け食事と一緒に摂るなど工夫をし、一度にたくさん摂取することも避けましょう。

さらにリンゴ酢は、夜摂った食事によって上昇した血糖値をコントロールする働きがあるので、よく眠れないという方や朝の目覚めがスッキリしない方など、夜眠る前にリンゴ酢を飲んでみましょう。温かい飲み物と割って飲んだり、様々なアレンジも可能です。血流もよくなりリラックス効果も高まり快眠に繋がりそうですね。

たくさん飲んだからといって効果が出やすいというわけではありませんが、もっとも効果が出やすい時間帯や飲み方が、主にこの2つの時間帯やタイミングです。自分にとって効果がありそうな飲み方を見つけて、ぜひ試してみましょう。

一日に飲む量はどれくらい?

先述しましたが、1日に摂取する適度な量は、15〜30ml(大さじ1杯〜2杯)だと言われています。

1回の量は大さじ1杯前後がおすすめですが、原液でそのまま飲むのはデメリットもありますので、出来るだけ避けましょう。身体に良いといっても摂りすぎると内臓に負担がかかり、胃が荒れる心配があります。

リンゴ、とはいえ酢なのでかなり酸っぱいです。水で割る場合の目安はリンゴ酢30mlに対して5〜7倍の水で薄めるのが基本の飲み方です。水の量はお好みで調整しましょう。少し薄めで作って飲みやすいぐらいがちょうど良いかもしれません。

それでも飲みにくいと感じたり、独特のクセや酸っぱさが苦手な方は甘さを加えたり、炭酸で割ったりと飲み方にも工夫してみましょう。アレンジ方法もたくさんあります。さらにドレッシングにしたり煮物に使ったり幅広く使えるリンゴ酢ですが、お料理に使う場合も摂りすぎには注意しましょう。

ダイエットをするぞ、と気合いを入れすぎて毎日義務的に飲んでも飽きてしまいます。飽きないアレンジ方法や自分のペースで飲むこと、忘れてしまった日も気にしない、など身体にも心にも優しく効果的にリンゴ酢を取り入れましょう。

りんご酢ダイエットの注意点

ダイエットや快眠のなどに効果的なリンゴ酢ですが、摂取するにはいくつかの注意点があります。

身体に良いとは言え、やはり摂りすぎには注意しましょう。たくさん摂取したからといって急激に痩せるとは限らず、内臓や胃腸に負担をかけてしまう事がありますので気をつけましょう。リンゴ酢の効果を得るためにはそのまま飲むのがとても手軽ですが、原液でそのまま飲むのはやめましょう。

さらにリンゴ酢の中の酢酸という成分は、少なからずとも摂りすぎると歯のエナメル質を溶かしてしまう可能性があります。そうなると、知覚過敏や虫歯になってしまうこともありますので過剰摂取は避けましょう。飲み終わった後、気になる場合はうがいをしたり歯磨きをしましょう。

リンゴ酢は酸性です。少量を摂取するのは問題ありませんが、そのまま飲むと食道を荒らす危険性があります。また、逆流性食道炎を起こすリスクもありますので摂取には十分に注意が必要です。

身体に良いと言われているものでも正しく摂取しないと、いつの間にか健康を害してしまうようなリスクを高めている事があります。

メディアでは、これを食べると身体に良いという情報がたくさん出ていますが、どの食品や飲み物も用法、容量を守って自分に合った飲み方をする事が大切です。

りんご酢がダイエットに効果的な理由

ダイエットは持続性が大事

テレビや雑誌などでリンゴ酢がダイエットや健康に良いと取り上げられると、その次の日にはスーパーやコンビニの陳列棚から一気に消えて無くなる・・という現象を目にした事があると思います。しかしその光景もずっとは続かず、また時が経つと元通りに。ダイエットへの関心の高さが伺えますね。

ダイエットは一時期のブームに惑わされず、自分自身で試してみて、良いと思ったら一定期間継続する事が大切です。

最近では〜するだけダイエットや、出来るだけ楽に痩せるというものがたくさん出ていますが、ダイエットは即効性を求め急激な減量をすると身体に過剰な負担をかけたり、リバウンドにも繋がってしまいます。正直、ダイエットには簡単なものや、楽してすぐ痩せるというものはありません。ダイエットに良いと言われるものを摂取しても、運動せず高カロリーなものをたくさん食べればダイエット効果は半減してしまいます。

ダイエットの基本は、規則正しい生活と適度な運動です。無理のない範囲で運動も取り入れてみましょう。最初から頑張りすぎると挫折しやすいですので、まずは現在の自分の生活リズムや食生活をもう一度見直し、できるところからスタートしていきましょう。

ダイエットに科学的に効く成分

リンゴ酢の成分について詳しく見ていくと主成分は酢酸で、エキス成分にはカリウム、カルシウムなどのミネラル、ペクチン、ビタミンc、クエン酸、アミノ酸などが含まれています。

豊富に含まれているカリウムには、身体から塩分を排出させる機能があり、高血圧の改善効果が期待できます。身体から水分を排出させることにも繋がるので、同時にむくみを解消する効果もあります。

クエン酸には疲労回復効果があります。酸っぱさの元である酸が、スポーツの後や暑い夏の疲れを取り除いてくれますので、身体の疲れを感じた時に摂ると良いでしょう。さらにクエン酸とアミノ酸にはダイエット効果があります。クエン酸には代謝を上げ脂肪燃焼を助けてくれる効果があり、アミノ酸には脂肪を分解する効果があります。

ビタミンCには美肌効果があります。美しい肌を作る元となるビタミンcと、新陳代謝を上げる効果のあるクエン酸でシミやシワの改善に繋がる効果も期待できるでしょう。

ペクチンには便秘改善効果があります。腸内環境を整える働きを助け、さらに利尿作用もあるので老廃物を体外へ排出させデトックス効果も期待できます。

このようにリンゴ酢にはダイエットにも健康的にも大変効果のある様々な成分が含まれています。

りんご酢ダイエットにおすすめのりんご酢

内堀醸造 オーガニックリンゴ酢 美濃 有機純リンゴ酢


内堀醸造・有機純リンゴ酢は、有機JAS認定のオーガニック純リンゴ酢です。オーガニックで育てられた安全な有機のりんご果汁のみで作られているので、安心して飲む事ができます。

りんごのまろやかな甘みと豊かな香りが特徴です。ツンとしたクセや酸味が少ないので炭酸で割っても飲みやすく、はちみつと混ぜても美味しくいただけます。

安心できる素材と飲みやすさで、初めてチャレンジする方にはとてもおすすめしやすいリンゴ酢です。

ミツカン 純リンゴ酢 500ml


普段の生活に取り入れたい、お手頃なお値段で試してみたいという方にはこちらがおすすめです。スーパーにもたくさん並んでいるお酢の有名なメーカであるミツカンが、国産のりんご果汁を100%使って作った純リンゴ酢で、このお値段はとってもお得です。

こちらのリンゴ酢は飲むだけではなく、お料理に使う事がおすすめです。特にサラダやマリネに使うと、リンゴ酢のフルーティーさや甘みが加わっていつものサラダがとても美味しくいただけます。

ブラグ オーガニックアップルサイダービネガー


リンゴ酢の代表的存在とも言える、ブラグのアップルサイダービネガーです。素材にもこだわり、非加熱、無濾過、そして酢酸菌を取り除かず、リンゴ酢が持つ本来の栄養素がたくさん入ったままになっているので美容と健康効果がアップになっています。

他の商品と比べてお値段は少々お高めですが、高品質で酸味と甘みのバランスも程よく、飲みやすい仕上がりとなっています。美容効果が高めなので、お肌や美容に気を使っている方におすすめのリンゴ酢と言えます。

タマノイ酢 タマノイ はちみつリンゴ酢ダイエット125ml紙パック


こちらの商品は1回づつ作るのが面倒という方に、お手軽に飲みたい時にすぐ飲む事ができる紙パックのリンゴ酢です。

リンゴ酢とりんご果汁をミックスしているので、お酢の風味が強すぎず初めての方にもとても飲みやすくなっています。

また、ビタミンcとオリゴ糖が配合されています。リンゴ酢と食物繊維で腸内環境を整え、便秘の解消やお肌を整えてくれる効果も期待できます。カロリーオフになっているので、ダイエット中でも安心して飲む事ができます。

まとめ

ここまでリンゴ酢の美容や健康、ダイエット効果や、今すぐ取り入れやすいおすすめのリンゴ酢をみてきました。

体の声を聞きながら自分にあったものを無理なく普段の生活に取り入れ、楽しく健康的な毎日を過ごしていきたいですね。

参考になったら是非シェアをお願いします。

執筆者

フリーヨガインストラクター

mayrealstyle

これまでフィットネスインストラクターとして活動していました。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Ranking ランキング

Recommend おすすめ記事

Campaignキャンペーン

トップに戻る

Contact無料相談

あなたにぴったりのジムを私たちと一緒に探しませんか?
お気軽にご相談ください!

LINEで相談

LINEで無料相談

無料でお電話相談する

無料でお電話相談する

お気軽にお電話ください