【女性トレーナーが選ぶ】ダイエット必需品!「女性おすすめの体組成計10選」選び方ガイド

執筆者

女性向けパーソナルトレーニングジム検索サイト

ジムカツ編集部

【最大4万円入会お祝い金・キャッシュバック実施中】ジムカツは女性のためのボディメイク・ダイエットに関する総合情報サイトです。全国の人気パーソナトレーニングルジム・トレーナー...

【女性トレーナーが選ぶ】ダイエット必需品!「女性おすすめの体組成計10選」選び方ガイド

2020.01.29


体組成計についてご存知でしょうか。体重計と異なり、体の様々な情報を測定できる機会で、最近ではフィットネスジムなどにもよく置かれています。
自分の体の状況を客観的に把握することはダイエットにとって非常に重要なポイント。ダイエット中の女性こそ、体組成をしっかりと測定していただきたいんです。
そこで本記事では、体組成計について詳しく紹介していきます。体組成計とは何か、またおすすめの体組成計もピックアップしました。この機会にぜひチェックしてみてくださいね。

体組成計ってなに?


そもそも体組成計とはどのようなものなのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

体組成とは、私たちの体を作る筋肉・骨・脂肪などのことを指しており、それらを測定することができるのが体組成計となります。もちろん、体から脂肪だけを取り出して重さを測るなどということはできないので、推定して測定して数値が表示される仕組みとなっています。

ダイエットなどの際、手軽に測定できることもあり体重管理に目が向きがちですが、この体組成も非常に重要。見た目は細い方でも筋肉が少なく脂肪が多かったり、体組成を知ることで疾病の予防などに繋がるケースもあります。
見た目ではわからない体のバランスや状態を知ることができるのが、この体組成計という機器なんです。

「体重計」「体脂肪計」「活動量計」「体組成計」との違いとは!?

体重計とは

私たちの生活においても身近なものである体重計の機能について、まずは改めて見ていきましょう。

体重計は体の重さを測定する機器であり、機械の上に乗ることで測定を行います。体組成計とは異なり、重さしか測定できないため、筋肉や骨などのそれぞれの組織の重さについては細かく測定できません。デジタル式のものもありますし、目盛りで表示される昔ながらのものもあり、低価格な商品から高価格なものまで製品の価格帯も幅広くなっています。

体脂肪計とは

次は体脂肪計について見ていきましょう。

体脂肪計は、体脂肪率と体重が測定できる機器となっています。体重に対する脂肪量の比率が体脂肪率となるため、体重も一緒に測定される仕組みとなっています。基本的には体重計のように上に乗り足裏から測定する製品が多く、製品によっては手のひらからも測定するといったタイプもあります。生活習慣病も増加傾向にありますので、体重だけでなく体脂肪率を測定し把握することも非常に重要です。

活動量計とは

活動量計についても見ていきます。体重計や体脂肪計と比較すると少し聞き馴染みがないかもしれませんが、最近では多くの製品も販売されています。

1日の活動量を測定することができ、家事や座って作業している時、移動時など日常生活における様々な活動量を測定してくれます。表示は消費カロリー数で表され、その日1日どの程度動いたのかを細かく測定できる機器となっています。

ダイエット時などは消費カロリー>摂取カロリーの状態にするのが基本。ダイエットをしている方には、非常に便利なアイテムです。

「体重計」「体脂肪計」「活動量計」「体組成計」比較!

ここまで体重計・体脂肪計・活動量計・体組成計について見ていきました。それぞれ機能は異なり、測定できる項目も異なりましたが、ダイエットで自分の状態を把握するのであれば体組成計がおすすめです。ダイエットの際は、体重だけでなく体脂肪率も参考にしていただきたいですし、測定できるのであれば基礎代謝や筋肉量についても把握しておくのがベスト。どれか1つを購入するのであれば、より測れる項目が多い体組成計がおすすめです。

種類ってあるの?測定タイプや通信機能をチェック!

 

手のひら

手のひらから測定できる体組成計もあります。グリップのようなものを握り測定するタイプで、手と足にわずかに電流を流すことが測定する仕組みとなっています。製品にもよりますが、部位別の体組成を測ることもできるものもあり、細かく体のバランスを知りたいという方にとってはおすすめです。

最近では足裏で測定できるタイプの製品の精度も上がっていることから、以前に比べると手のひらタイプは少し数としては少なくなってきているようです。

足裏

先ほども少し触れた足裏で測定するタイプのものです。体重計のように機械の上に乗って測定を行います。素足で乗り測定するだけで、様々な項目が同時に測定できる便利なものも販売されているそう。

測定できる項目は、体重をはじめ体脂肪率、内臓脂肪量などを測定できるものもあります。体重計に乗るような感覚で、体の状況を把握できるとあって非常に便利なアイテム。以前に比べて、足裏で簡単に測定できる体組成計の精度も高くなっているのでおすすめです。

Wi-Fi対応

体組成計の機能として、通信機能も非常に進歩してきています。最近ではWi-Fiに対応した製品も販売されており、測定すると自動でそのデータをWi-Fiを通して送信することが可能なものもあるんです。

さらに専用のサイトと連動させることで、測定してWi-Fiで送られたデータを細かく管理し、グラフなどで変化を振り返れる機能も。自分で測定結果を管理する必要もありませんし、自身の変化を簡単に確認することができるため非常に便利な機能となっています。

Bluetooth対応

Wi-Fi対応の体組成計について見ていきましたが、同じく通信機能の1つであるBluetoothに対応しているものもあります。

Wi-Fiの場合はネット環境がないと利用できませんが、Bluetoothであればネット環境がない状態でも利用可能。お持ちのスマートフォンなどと簡単につい維新することが可能です。

BluetoothもWi-Fiと同様に、測定結果をスマートフォンのアプリなどで簡単にわかりやすく管理することができるため、非常に便利な機能です。

おサイフケータイ・FeliCa対応

おサイフケータイやFeliCaといったワードを聞いたことがある方も多いですよね。これらも通信機能の1つです。簡単に説明すると無線通信の種類の1つがFeliCaであり、その機能を利用してSuicaなどのサービスに対応した端末のことをおサイフケータイと呼びます。

おサイフケータイ・FeliCaに対応している体組成計の場合、おサイフケータイのマークを本体にかざすことでデータが転送可能となっています。

NFC対応

こちらも通信機能の1つであるNFCに対応している、体組成計も販売されています。NFCとは、無線通信の1つであり近距離で行う無線通信のことを指しており、先ほどご紹介したFeliCaもNFCの1つ。したがって、おサイフケータイもNFCも含まれるということになるわけです。

そのため利用方法も先ほどのおサイフケータイ・FeliCaと同様で、おサイフケータイのマークを本体にかざすことでデータが転送可能となっており、スマートフォンなどで測定結果を管理することができるようになっています。

体組成計って何が調べられるの??どうダイエットに活かせば良いの?

 

BMI

BMIという言葉を聞いたことがあるという方も多いかと思いますが、これが何を表しているのか知らないという方も多いのではないでしょうか。BMIはBody Mass Indexの頭文字をとったもので体格指数を表しています。体重と身長から計算でき(BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m))、肥満度を簡単にチェックできるものとなっています。簡易的に計指定算できる代わりに、体組成は加味していないため、隠れ肥満などの可能性もあるのがデメリット。

体重

家で測定しやすい体重も体組成計で測定することができます。体重を知ることで自分自身の体がどのように変化しているか簡単に把握することができますし、体重の増減によって自分自身の体形についても客観的に判断することができます。

ダイエットしている方にとっては、自分自身の体形の変化を簡単に把握することができるのが体重というわけです。ただし、体重が減っても筋肉が落ちているというケースも多いです。特に女性は減量に頼ったダイエットになりがちですので注意しましょう。

体脂肪率

通常の体重計で測定できず、体組成計で測定できるのが体脂肪率です。体脂肪率とは体重の内、脂肪が占める割合を指しています。体脂肪と一言で言っても、内臓脂肪など脂肪のつく部分によって名称も違いますし、脂肪といっても悪さばかりをするわけではありません。
特に女性の場合は体脂肪率が落ちすぎると生理不順などが起こる可能性もありますので、適度な体脂肪率を保つことが重要。そのためにも、体組成計などで自身の体の状態を把握しておく必要があります。

筋肉量

筋肉量は骨格筋率などともいわれています。これらは体重の内、筋肉(骨格筋)が占める重さや割合のことを指しています。体にある筋肉は骨格筋だけでなく様々な種類の筋肉がありますが、ダイエットに関連するのは骨格筋のみのため、この数値が表示されるわけです。

体の筋肉量が増えると引き締まった体となり、さらに後ほど説明しますが基礎代謝量というものもアップ。基礎代謝量が上がると、太りにくいといったメリットもあります。

体内年齢

体内年齢も体脂肪計で測定することができます。オムロンでは体年齢と表記しており、独自の指標とのこと。これは基礎代謝を元に計測した体の年齢のことを指しており、自分の体の状態を判断するための1つの項目として設定されています。
体重・BMI・体脂肪率・骨格筋量といった様々な項目から算出するので、総合的に今の体の状態について知ることができるんです。

あくまで目安ではありますが、実年齢と比較することで新たな指標となりますし、体のことを知る指標が多いということは体の変化を把握する上でもプラスとなるでしょう。

推定骨量

推定骨量とは、骨全体に含まれるミネラル量のことを指しています。具体的にいうと、カルシウムといったミネラル量のことで、性別や体重によっても推定骨量が異なります。
推定骨量の平均値は、男性の場合は60kg未満が2.5kg、60〜75kg未満が2.9kg、75kg以上が3.2kg、女性の場合は45kg未満が1.8kg、45〜60kg未満が2.2kg、60kg以上が2.5kgとなっています。

また機器によっては除脂肪量との相関関係をもとに、統計的に推測した値となっており、推定骨量を算出しています。

体水分率

体水分率とは、体内に含まれている水分量の比率のことを指しています。体内には、血液やリンパ液など、様々な水分が含まれています。体水分には重要な役割もあり、栄養を体全体へ運んだり、逆に老廃物を取り込んだり、また体温を調整するといった様々な役割を担っています。

体が正常に機能するために非常に重要となる体水分ですが、基本的には体が大きい人や筋肉量の多い人ほど体水分量も多くなり、体水分率も高くなる傾向があります。

基礎代謝

基礎代謝とは、何もしていなくても1日で消費されるカロリーのことを指しており、主に私たちの生命を維持するために必要なエネルギー消費のことを指しています。具体的に言うと体温の維持や呼吸といった、生きるために必要な活動で使っているエネルギー量です。

この基礎代謝が1日の消費エネルギーの内、6〜7割を占めています。したがって基礎代謝量が多いほど太りにくい体質となるので、ダイエットではこの基礎代謝量を高めることが非常に重要となります。

人気メーカーはどこ!?

パナソニック(Panasonic)

まずは大手電機メーカー・パナソニックから見ていきましょう。パナソニックからも様々な種類の体組成計が販売されていますが、家族で使用したい方などには便利なアイテムもあるよう。

家族など複数人で使用する場合に人物を自動識別してくれる機能がついた製品なども販売されており非常に便利です。また価格も高額でないものもあるので、リーズナブルなのも嬉しいポイントです。体幹バランス年齢などが測定できる機器もあるそうで、測定項目が多い商品があるのもパナソニックの嬉しいポイントです。

オムロン(OMRON)

次はオムロンについて見ていきましょう。オムロンも様々な健康機器を販売している大手メーカーです。

最近では足底から体組成を測るタイプのものも多いですが、ハンドルを持ち両手両足で測定するタイプの製品も多く扱っているよう。確かに測定時に手間はありますが、正確性が高いという点ではメリットといえるでしょう。また、両手両足タイプのものは、部位別で測定結果を知ることができるのも特徴の1つ。
トレーニングの変化をより正確に知りたいといった方には、精度の高いオムロンの体組成計がおすすめです。

タニタ(TANITA)

電子機器だけでなく食事面でも様々なサービスを打ち出すなど、日本の健康産業を牽引しているともいえるタニタからも、様々な体組成計が販売されています。実は、体脂肪計に関してもタニタは先駆者的なメーカーであるそう。ご存知でしたか?

最近機器もやはり他の体組成計の機能の1つ上をいっており、筋肉特性を判別する機能がついたものも販売されています。脈拍測定機能や脈拍測定機能など、項目数の多さは他のメーカーを圧倒しているようです。

おすすめの体組成計10選

スマホのアプリ2選

ヘルスプラネット

こちらのアプリはタニタの健康管理サイトである「ヘルスプラネット」の無料アプリとなっています。体組成計、歩数計、血圧計、デジタル尿糖計など様々な機器で測定した結果を一括管理することが可能。また、記録データはグラフで表示されるので変化がわかりやすく、自分の体の状態を把握しやすいのも嬉しいポイントです。タニタの体組成計を利用している方であれば、機器と連動させて使用も可能なので管理がしやすくおすすめです。

FiNCアプリ

FiNCオリジナル体組成計 (FiNC SmartScale)と連動しているFiNCアプリもおすすめです。測定すると毎日の体重管理をスマホに自動記録してくれるという便利な機能も。なかなか自分で管理するのが苦手で続かないという方にはおすすめです。11項目の測定が可能となっており、多くの項目を体組成計と連動させて利用できるのも嬉しいですよね。さらにAIトレーナーがアドバイスするという、最先端の機能もあるので、ぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか。

安さで選ぶ!5選

【オムロン】体重体組成計HBF-214-W

薄さが売りの体重体組成計が、オムロンから販売されている体重体組成計HBF-214-Wです。厚さが28mmと非常に薄いのが嬉しいポイント。収納スペースが少ないというご家庭でも安心です。また埃も溜まりづらく、手入れもしやすいガラス天板のフラットデザインを採用しているため、衛生面でも安心。収納と管理がしやすく、主婦の方には嬉しいアイテムなのではないでしょうか。

さらに液晶画面が大きいのも特徴で、立って測定している際も測定結果が見やすくなっています。

【タニタ】体脂肪計・体組成計 FS-101

次にご紹介するのがタニタの体脂肪計・体組成計FS-101です。
体重・体脂肪率・内臓脂肪率が測定できる機器となっており、自身の体の状態を把握する上で重要な最低限の項目もしっかりと測定することができます。この製品に関しても厚さが25mmと薄く、立てかけた状態で収納もできるので非常に便利。さらに、サイズもA4サイズと場所をとらないのが嬉しいポイントです。強化ガラスも使用しているため耐久性もありますし、スタイリッシュなデザインとなっています。

【BodyFatScale】体組成計7s-470

BodyFatScaleの体組成計7s-470もおすすめのアイテムの1つです。体重や体脂肪といった全7つの項目を測定可能となっており、測定項目が多いのが嬉しいポイントです。また、アスリートモードが搭載されているので、運動頻度や運動強度が高い方でもより正確に測定することができます。さらに10人分のデータを登録することが可能となっているので、家族みんなで使用することもできるのもこの商品の強み。子供からご高齢の方まで測定できますし、データの管理もしてくれるので安心です。

【オムロン】体重体組成計HBF-212

次にご紹介するのはオムロンの体重体組成計HBF-212です。狭いスペースにも収納できる、厚さ28mmの薄型設計となっており、サイズもA4サイズと非常にコンパクト。一人暮らしの方などでも、このサイズであれば邪魔にならず使用できます。また、滑り止めのゴムが裏についていたり、持ちやすい形状となっていたり、細部まで使いやすい工夫が施されているのも嬉しいですね。デザインもガラス天板になっているので、手入れしやすく清潔な状態が保てます。

【タニタ】体組成計BC-765-WH

タニタの体組成計BC-765-WHもおすすめの商品となっています。乗るピタ機能が付いているため簡単に測定することが可能。乗るだけで簡単に体組成を測定できるので、楽に健康管理をしたい方にもおすすめです。また、文字も大きく30mmの大型表示となっているので、立ったままでも結果が把握しやすいのも嬉しいポイント。体重・体脂肪率などの7項目の測定が可能で、5人まで測定情報も登録可能となっています。

高級な体組成計3選

【タニタ】体組成計インナースキャンデュアル RD-909-WH

少し高価ではありますが、おすすめの体組成計についてもご紹介していきます。まず最初にご紹介するのがタニタの体組成計インナースキャンデュアル RD-909-WHです。価格は16700円 (税込)となっています。

通常の機能に加えて筋質点数なども測定が可能。測定項目の多さが強みとなっています。
またデュアルタイプ体組成計となっており、高精度測定の可能。スマートフォンとも連動しているため、アプリで測定結果を管理することができ便利です。

【タニタ】体重計 RD-800-BK

次にご紹介するのは、タニタの体重計 RD-800-BKです。価格は31980円 (税込)となっており、かなり価格帯としては高めの商品となっています。
最高峰モデルとして販売されており、その性能は確か。Bluetooth通信に対応し、スマートフォンでデータ管理できるのはもちろん、世界初の部位別筋質測定や新機能・脈拍測定機能をなども搭載されています。価格は少々高めですが、その機能は確かなものとなっています。

【オムロン】体重体組成計 カラダスキャンHBF-702T

最後にご紹介するのは、オムロンの体重体組成計 カラダスキャンHBF-702Tです。こちらの販売価格は23000円 (税込)となっています。両手両足測定なので部位別で細かく測定できるのが嬉しいポイント。トレーニングなどで細かく体の変化を知りたい方におすすめです。また自動認識機能があり、過去の体組成データから識別も行ってくれます。こちらもBluetooth通信機能を搭載しているため、スマートフォンで管理も可能です。

まとめ


体組成計について詳しく見ていきました。体組成計で測定することで、体の様々な情報を簡単に把握することができましたね。簡単に測定することのできる体重だけで自身の体の変化を把握している方も多いかと思いますが、体重だけではわからないこともたくさんあります。総合的に体の状態について把握しながら、ダイエットを進めていくことが重要です。

体組成計も種類が豊富で、価格帯も様々なものがありました。手が出しやすいアイテムも多数ありますので、ダイエット中の女性はぜひこの機会に体組成計の購入も検討してみてはいかがでしょうか。

執筆者

女性向けパーソナルトレーニングジム検索サイト

ジムカツ編集部

【最大4万円入会お祝い金・キャッシュバック実施中】ジムカツは女性のためのボディメイク・ダイエットに関する総合情報サイトです。全国の人気パーソナトレーニングルジム・トレーナー情報やボディメイクのためのトレーニング、フード、グッズに至るまでの豊富なダイエット情報で、あなたのダイエット・ボディメイクを徹底サポートします。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Pick up ピックアップ

Recommend おすすめ記事

Campaignキャンペーン

トップに戻る

Contact無料相談

あなたにぴったりのジムを私たちと一緒に探しませんか?
お気軽にご相談ください!

LINEで相談

LINEで無料相談

無料でお電話相談する

無料でお電話相談する

お気軽にお電話ください