【2019年最新!】おすすめのランニングマシーン15選

執筆者

トレーナー

hiroki.nemoto

"整形外科病院にて理学療法士として勤務しています。仕事では一般の方はもちろんスポーツ選手の診療にも携わっています。 自分自身がトレーニングをしており、その知識を提供できれ...

【2019年最新!】おすすめのランニングマシーン15選

2020.01.23

日々の運動不足が気になる方やダイエットしようと考えている方が真っ先に取り組もうとするのがランニングやジョギングではないでしょうか。しかし屋外での運動はひと目が気になってなかなかできない方もいらっしゃるのではないでしょうか。ジムに行こうとしてもなかなか続かず、途中リタイアしたなんて方もいるでしょう。そんな方におすすめなのが、家庭用ランニングマシーンです。ひと目や服装等を気にせず運動ができるためおすすめです。今回はランニングマシーンについてご説明していきます。

失敗しないランニングマシーンの選び方

ベルトサイズ

ランニングマシーンを購入する、選ぶ上で重要なのがベルトサイズです。ベルトとはランニングマシーンの心臓部とも言える部分を指し走路となる部分です。家庭用ランニングマシーンはコンパクトに設計されていることが多く、コンパクトが故に走りにくさなどが生じるケースがあります。また実際に購入してみたら大きすぎて屋外やベランダに設置している人がいたりとサイズ感はとても重要です。自宅内に配置できるスペースを確認してから購入しましょう。置く場所がないという方でも安心で、最近では折りたたみ式のランニングマシーンが販売されていることから自宅に配置できるものを購入しましょう。
ベルトのサイズですが、長さは自分の歩幅+10cmが目安とされています。快適に走るのにあたり、歩幅がわからない場合は「身長×0.65」することで歩幅が算出できます。これに+10cm付け加えると良いでしょう。
幅は快適にランニングするのであれば40cmが最低ラインとなりますが、ジョギングのみであれば35cm程度で良いとされています。使用用途や性別、体格、身長によりベルトサイズが異なるため慎重に決定しましょう。

連続使用時間

連続使用時間は、ジョギングであれば60分以上・ランニングであれば40分以上あれば間違いないでしょう。負荷量を上げたければ速度を調整することで可能です。

最高速度

ジョギングなのかランニングで使用するかでマシーンに求める速度も異なってきます。そのため最高速度がどのくらいなのかを把握する必要があります。一般的にジョギング程度であれば最高速度12km/h程度で良いでしょう。ランニング用途であれば16km/hくらいを目安に購入すると良いでしょう。最高速度が高いものを購入するに越したことはありませんが、最高速がが上がれば上がるほど、値段も比例して高くなるため予算とも検討する必要があります。

ランニングマシーンのおすすめ15選

View this post on Instagram

昔、右膝を手術して以来、筋肉が正しく使えておらず、いつも右脚の外側の筋肉がパンパン。常に右尻、膝、筋肉の痛みと疲労感との戦い。理学療法士の山下先生に診て頂いたので、筋肉の使い方に気をつけて、筋トレとストレッチ。シンプルなストレッチだけれど、痛みが軽減! . お腹の贅肉も何とかしたいけれど、先ずは脚の問題解決が先かな。笑笑 . I have constant problems and pains on my right leg after the knee surgery which was done a long time ago. Outer muscles are always super stiffen and causing a pain. I did muscles training, treadmill and some stretching by following a Physical therapist’s advice. It is simple but very effective! . Workout Menu: Treadmill – 30mins Chest press Arm curl Leg extension Hip adductor Hip abductor Overhead press . and few more machines… can’t remember the names! . #香港ライフ #ジム #スポーツジム #筋トレ #久しぶり過ぎて #筋肉プルプル #贅肉まつり #贅肉だらけ #贅肉 #反省 #情けない #膝が痛い #疲労感 #何気に好き #疲労感好き #ランニングマシーン #ストレッチ #hklife #gym #sportsgym #training #nomuscles #treadmill #needtotonemybody #beinglazy #stopbeinglazy #wanttogetfit #lazybum #lazy #stretch

A post shared by Sue Glenwright Hoshi (@james_luke_mom) on

スカイウォーカー


ジョギングから軽いジョグ向けの商品となっています。最高時速12km/hであり本格的にランニングをしたい方には不向きでしょう。手動で7°程度であれば傾斜をつけることができるため、時速12km/hの速さに慣れてしまった方や負荷が足りない方には傾斜はお勧めできます。3万円台とコスパも良く、コンパクトサイズであるため置き場がない方やランニングマシーンの使用が初心者の方におすすめです。連続使用時間も60分と長めに使用できるのもお勧めポイントです。

ベンチウォーカー


ランニングマシーンを購入するのはいいけど場所を取って嫌だ、折り畳んで収納するスペースもない、といったかたにおすすめの商品です。名前の通り、ランニングマシーンとベンチの二つの顔をもつ商品です。ベルトが電動ではなく自走式であり経済面でも負担をかけないのがこの商品の特徴です。機能面も充実しておりスピード・時間・距離・脈拍・消費カロリーをしっかり計測してくれます。ランニングマシーンでありながら、スタイリッシュな形と大きさであるため運動初心者にオススメです。自走式であるため速さや連続使用時間も無限大であるため電機代の節約にもなります。

高機能ルームランナー


この商品は時速16km/hまで出すことができ、ランニング用途として使用する方にはおすすめの商品です。傾斜をつけることはできませんが、12種類のプログラムが内蔵されているため自らの負荷量に合わせ飽きずにランニングを本格的に行うことができるプログラムが組み込まれています。連続使用時間は99分と耐久性も申し分なくコスパも良い商品であるため、初心者の人にもお求めやすい商品です。

ルームランナー


業務用フィットネス機器メーカー「DAIKO」の家庭向けランニングマシーンです。最高時速は16km/hも出せるため本格的にランニングをしたい方にはおすすめです。走行ベルト幅も40cmと幅があるため余裕を持ってランニンを楽しむことができます。総重量も44kgと一般的な商品と比較し軽量であり操作しやすくなっています。マシーンにはキャスターも搭載されているため持ち上げて運ぶ心配もないです。ぜひお買い求めして、使用しダイエットに励んでみてください。

ランニングマシーン1016


走行幅40cmと長さ120cmの余裕のある走行ベルトを搭載した商品は、最高速度16km/hと本格的にランニングをしようとしている方におすすめの商品です。走りやすさだけではありません。多種多様なプログラムが搭載されているため、どんな人にも愛されて使用しやすい設計となっています。速度を知らせる音声や大きな液晶も搭載されているため、老若男女問わず使用できるのもおすすめのポイントです。ぜひお買い求めして、使用しダイエットに励んでみてください。

トレッドミル


エアロバイクやステッパーなど、業務用マシンだけでなく家庭用フィットネスマシンも多数手掛けている信頼のフジモリ社のランニングマシーンがエントリーしています。最高速度14km/hと一般的なランニングマシーンと比較すると遅めですが、ベルトの長さが124cmでストライドを大きくとって走れることが特徴のようです。ハンドルに付いたボタン一つで簡単に傾斜を変えることができるため機械の使用方法が不安な方にも簡単に使用することができます。

Horizon トレッドミル


ランニングマシーンといえばこのブランド・メーカーと言っても過言ではないくらい有名な「ジョンソンヘルスティック」が誇る家庭用ランニングマシーンです。家庭用ランニングマシーンでは速い最高速度18km/hや連続使用時間99分とかなりハイスペックな商品です。また走行ベルトも140cm×49.5cmと幅広く、ストライドを広く取れるように作られたのも魅力的です。家庭用ながら本格的な仕様となっています。

Citta T82


上の商品と同ブランドですが、仕様が異なります。上記のものと若干走行ベルトサイズが小さくなるのですが、一般的なランニングマシーンと比較すると十分な大きさです。走行ベルトには「ideaizoneクッションシステム」が搭載されており、衝撃音をしっかりと吸収するため足や膝に掛かる負担を軽減してくれます。また騒音も最小限となるためマンションや夜間に使用する目的で購入するには良い商品と言えるでしょう。

ルームランナー


こちらの商品は最高時速8km/hと一般的なランニングマシーンよりも低速ですが、ウォーキングを行う目的の方やランニングマシーン初心者にはおすすめです。3色展開のカラーバリエーションと3段階の傾斜調節機能が搭載しておりデジタルパネルで簡単に操作をすることができます。また転倒防止用の安全装置も搭載されており、もしもの事故の時には急停止する仕組みとなっています。5種類のプログラム機能付きで自分に合ったエクササイズをすることができます。

ルームランナー


こちらの商品は最高時速16km/h、最低速度0.3km/hと細かなスピード調整ができるランニングマシーンとなっています。そのため一般的なランニングマシーン同様にウォーキングを行う目的の方やランニングマシーン初心者の方、ハードにランニングをしたい方、リハビリ等の歩行訓練に最適です。走行幅も大きく取っているため疲れた際には、両サイドに足をかけて休息することとできるんです。また6つの衝撃吸収パッドと膝や足の負担を考慮した走行ラバー搭載で、負担を軽減します。

コンパクト自走式ウォーカー


こちらの商品は電動式とは異なり、自走式のランニングマシーンとなっています。自走式であるため、速度の制限や使用時間制限などがなく、好きな時間に好きな程度できることが魅力です。また電動式マシーンだと振動音や衝撃音などを気にする方も多いかと思いますがそんな心配も不要です。電動式とは異なり軽量で幅を取ることがないため、狭いお宅にもおすすめの商品です。価格も1万円台と安く購入できるため運動はじめの方におすすめです。

ルームランナー


こちらの商品はアジア売上第1位、楽天市場ルームランナー売上10冠と非常に人気の高い商品となっています。ランニングマシーンでは有名なジョンソン・ヘルティック・ジャパン社から販売されているため、故障時の対応なども多岐に渡って対応してくれるのが特徴です。防音シートと走行ラバー間にある衝撃緩衝素材で騒音はもちろんのこと足や膝への負担を軽減してくれるのがこの商品の最大の特徴です。一般的なランニングマシーンと比べると高価ですが、安価な商品を購入して壊れてしまうよりは故障後の対応もしっかりとした商品を購入するのが良いでしょう。

アルインコ


こちらの商品は最高速度10km/hで走行長140cm走行幅60cmとゆったりと走行できるように設計されています。折りたたんで収納可能であるため、狭いスペースでもじゃまにならずに収納することができます。液晶モニターも大きく見やすい作りとなっており、ランニング中に目線がぶれても心拍数や走行スピードなどを確認しやすく作られています。またアイパット等のタブレット端末を設置できるホルダーが付いているため、映画やユーチューブを鑑賞しながら運動ができる魅力的な機能も搭載してあります。

2019年最新版ランニングマシーンご紹介

リーボック ランニングマシーン


こちらの商品は、リーボックのランニングマシーンになります。リーボックといえばスニーカーやスポーツシューズで有名なメーカーですがそんなリーボックからランニングマシーンが販売されていることをご存知でしたか。自宅用のランニングマシーンでありながら、スタイリッシュでコンパクトなリーボックのランニングマシーンは走路が縦130cm横が43cmとランニングするのにちょうどよい設定になっています。また縦が130cmもあり余裕があるためストライドを広くとって走ることも可能です。最高時速は16km/hと比較的速めの設定になっています。また走路のラバーはエアークッションテクノロジーを搭載しているためかつてない静音性を実現しマンションや夜間にトレーニングをしようとしている方にもおすすめです。トレーニングプログラムも24種類搭載されており自分に合ったトレーニングができるためトレーニング初心者の方にも安心です。またボタン一つで傾斜が変更できることや安全キー搭載でもしものことがあっても安心です。家庭用ランニングマシーンであるため、場所を気にする方も多いかと思いますがリーボックランニングマシーンは折りたたみ可能で、折りたたむと幅78cm長さ110cm高さ147cmとコンパクトになるのも魅力的です。折り畳めるため、ランニングマシーンを購入したいけどスペースがない、ランニングマシーン下の掃除が大変そうと悩んでいる方にもおすすめです。値段は167000円とかなり高価ですが、有名ブランドだけ合って修理保証等が充実しているため何か合ったときには安心です。ぜひご検討してみてはいかがでしょうか。

TIGORA ランニングマシーン


ティゴラは大手スポーツブランドアルペンから販売されているランニングマシーンです。特徴はなんと言ってもコスパの良さです。価格は5万円台と比較的購入しやすいか価格設定でありながら、高機能であるためおすすめです。静音性が高く、エアコンのモーター音とほぼ同じ程度の静音感であるためマンションの方や小さなお子さんがいる家庭でも安心して使用することができます。最高速度は16km/hで調整できるため、使用用途に合わせて運動できるため初心者にもおすすめです。またラバークッションも着地に各関節を保護するようなショッキングアブソービングシステムで衝撃を緩衝してくれます。また安全キーやボトルホルダー・タブレットを設置する場所もあり実際にジムに行ってランニングマシーンを使用しているかのようなクオリティーであるため使いやすく効率的に・楽しく運動を楽しむことができるのが特徴です。初心者の方におすすめなので是非最新版ティゴラランニングマシーンを購入してみましょう。

ダイコウ ランニングマシーン


ダイコウは健康用品メーカーです。そこで販売されているランニングマシーンは機能面に特化しておりおすすめです。速度は最大10km/hですが、走路ラバーの縦が130cmで横が73cmと広めに作られています。そのためストライドを大きく取って走ったり・ウォーキングしたりすることでより小股で走るよりもより筋肉を使用するため効率的に筋肉を使用することができます。また折りたたみ式であることから、狭いスペースでも使用するときに広げ、それ以外は畳んで置けるため広いスペースを必要としないのも魅力的です。またキャスターが搭載されていることから、力のない女性でも楽々運搬ができるのもポイントかと思います。健康用品メーカーが販売されていることもあり、カロリー計算までしてくれるため、視覚的に情報が得られることから計画的にダイエットやシェイプアップをすることができます。値段も3万円台とかなり低コストで購入することができるためランニングマシーンを初めて購入される方におすすめです。

簡単!ランニングマシーンを使ったトレーニング方法

初心者におすすめのランニングマシーントレーニング


ランニングマシーンには様々な使い方があります。マシーン上でステップしたりエクササイズをしたりと様々なものがトレーニングとして紹介されています。しかし、難しすぎるものや逆に簡単すぎるものであると運動の効率があがりません。すると、運動しているのに結果がでず、やる気がなくなってしまいます。初心者のランニングマシーンを用いたトレーニングは簡単なもので良いかと思います。オススメするのが、ジョギングです。ジョギングは運動強度がそこそこあり、ダイエットに必要な有酸素運動であるため誰でも簡単に取り組むことができます。運動時間として40分以上が効果的と言われていますが、続けて40分以上やらなくても20分ずつ2セット行っても効果は同等です。今まで、連続運動がダイエットに有効とされていましたが、現在のエビデンスでは運動強度(スピードや歩幅)が同じであれば、トータルの運動時間が同等であれば同じ運動負担となるため時間がない方や40分連続して運動ができない方は分割して運動することをオススメします。
速度や負荷量に関して、もっとも効率的と言われているのが最大心拍数の60%未満と言われています。しかし、最大心拍数がどのくらいなのかわかりませんよね。最大心拍数はトレッドミルなどを用いて、最大酸素摂取量から血中の乳酸血を計測して決定される運動負荷試験を用いるのが一般的ですが、時間やアスリートでない限り測定することは現実的ではありません。そのため、今回は簡易的に用いられる指標をご紹介します。簡易的に用いられる最大心拍数として、カルボーネン法が一般的です。カルボーネン法とは220-年齢が最大心拍数であると提唱したカルボーネンさんの方式で、最大心拍数を求める上で有名な計算式です。最大心拍数が算出できたらあとはどのくらいの強度でトレーニングしたいかです。例えば、30歳の人が最大心拍数の60%でトレーニングをしようとした場合(220-30)×0.6で算出でき、この場合、114拍/分となります。

中級者におすすめのランニングマシーントレーニング


初心者では、ジョギングをお勧めしていますが慣れてきた方にはランニングマシーン上で捻りなどを加えたエクササイズをお勧めします。通常、ウォーキング等では体を極度に捻る運動は行われませんので、それらの筋肉の働きは多くありません。しかし、故意的に捻る動作をすることで刺激を入れることができ、体幹や腕のシェイプアップに繋がります。大切なのは、安全に行うことなので、無理のない範囲で行っていきましょう。

上級者におすすめのランニングマシーントレーニング


上級者では、動画のようにダッシュとジョグを繰り返す運動をお勧めします。インターバル走といい、短時間で心拍数を上げることができおすすめです。消費カロリーは、速度に依存するため同じ距離を走った場合に、速度が速い方が消費カロリーは大きくなります。そのためインターバルそうなどで負荷を上げてトレーニングすると良いでしょう。

芸能人のトレーニング方法ご紹介


最後に芸能人のトレーニングです。こちらはYouTuberの方のトレーニング方法ですが、参考程度にして試す方はやってみましょう。

ランニングマシーンと合わせて買いたいグッズ紹介

ランニングマシーン用シューズおすすめ5選

ナイキ


ナイキはランニングシューズのみならずスポーツ用品の有名ブランドです。ナイキのランニングシューズの特徴はクッション性に長けているところです。エアーマックスはナイキのなかでも人気商品でヒールにエアーが搭載されクッション性抜群です。

アシックス


アシックスは日本が誇るスポーツ用品のブランドで、現在では日本のみならず世界各国で浸透し人気があります。日本のブランドであるため、日本人の足の形にあった作りをしているのが特徴で、既製品でもジャストサイズで履けるのがアシックスランニングシューズの特徴です。

アディダス


アディダスもランニングシューズのみならず、各種スポーツ用品の有名ブランドです。そのため様々なシューズを取り揃えておりデザイン性に長けたシューズが特徴です。アディダスランニングシューズの人気商品は、アディゼロという商品でしょう。スタイリッシュで高性能なアディゼロはコスパも良く、ランナーに人気です。

ニューバランス


ニューバランスはアメリカで生まれた有名なスニーカーブランドです。スポーツ界のみならず、ファッション性の高い製品を兼ね備えているためランナーだけでなく、街中でニューバランスのスニーカーを着用している人を多く見かけます。ニューバランスのランニングシューズの特徴は、フィット感です。一度履いてみてください。

アンダーアーマー


最後に、アンダーアーマーです。アンダーアーマーも数々のスポーツ用品を展開していますが、そのなかでもランニングシューズは格段に良いです。シンプルなデザインですが、履き心地に定評がありまるで素足で走っているかのような履き心地です。耐久性にも定評があるため通年使えます。

ランニングマシーン用マットおすすめ5選

ウォーキングマシーンマット


ジョンソンのランニングマシーン用マットは、縦幅200cm横幅90cm厚さ9.5mmの仕様となっています。大きさで言いますと、家庭用ランニングマシーンであれば容易に覆うことができる大きさとなっています。

ダイコウ


ダイコウのランニングマシーン用マットは、縦幅150cm横幅65cm厚さ6mmの仕様となっています。大きさで言いますと、やや小さめに感じるため、ランニングマシーンとの兼ね合いをみて購入することが重要です。素材はPVCで耐久性には申し分ありません。

BARWING


BARWINGランニングマシーン用マットは、縦幅192cm横幅85cm厚さ4mmの仕様となっています。大きさは家庭用ランニングマシーンであれば、おおよそ覆えるようなサイズ感になっていますが、マット厚が4mmであるため、防音防止の為に購入を検討されている方にはおすすめできません。

IROTEC


IROTECランニングマシーン用マットは、縦幅195cm横幅95cm厚さ6mmの仕様となっています。大きさは家庭用ランニングマシーンであれば、おおよそ覆えるようなサイズ感になっています。トレーニング用品メーカーであるため製法等がこだわった作りになっています。

kingbos


kingbosランニングマシーン用マットは、縦幅100cm横幅70cm厚さ6mmの仕様となっています。大きさはやや小さめの作りとなっていますが、滑り止め機能が搭載されているためランニング時のズレを防止します。

ランニングマシーンにおすすめイヤホン5選

ソニー


ソニーのコードレスタイプのイヤホンは、重低音などのサウンド性や運動時には必須な汗や水などによる防滴性能を兼ね備えており、ソニーでは初のスポーツタイプのイヤホンとなっています。お値段はやや高価ですが、モチベーションを左右する重要なアイテムですので妥協せず購入することをおすすめします。

東芝


東芝のイヤホンは、重低音などのサウンド面では歪みが少ない高音の再生ができます。コードレスが一般的ですが、本商品はコードの性能にもこだわっています。コードの絡まりでお悩みの方が多いかと思いますが、ファブリックケーブルコードを採用し絡まりにくく作られいているのも特徴です。

アップル


今や携帯・パソコンのみならず人気のアップル社のイヤホンです。スタイリッシュな見た目と音漏れしにくい性能は、普段使いにもスポーツ場面でもおすすめです。フィット感がよく運動していてもズレにくいのも特徴的です。

パナソニック


コスパで選ぶならパナソニックの本商品がおすすめです。コード長1.2mとかなり余裕があるためランニングにて腕を振っていてコードと絡まってしまうなんてトラブルの心配もありません。価格も1500円程度で購入できます。

エレコム


エレコムのコードレスイヤホンは、コードレスなのに低価格で購入することができます。イヤー部分のキャップは3種類から選ぶことができるため自分に合ったものを選ぶことで振動によるズレ等を防止することができます。

まとめ

いかがでしたか。ランニングマシーンは自宅内で有酸素運動を手軽に行うためにも必要な器具です。種類や値段は機能やスピードによって大きく異なるため、使用用途を明確にしてから購入することが大切です。また騒音問題やスペースを必要とするため、自宅環境によってはラバーの性能が良いものを選び騒音を最小限にすることや狭いスペースで購入するのであれば、折りたたみタイプのものや2wayタイプのものを購入することをおすすめします。マシーンを用いて運動するためにも、シューズやイヤホンなどのアクセサリー類の充実も重要で、モチベーションや怪我のリスクを軽減できます。安全に楽しく運動するためにも、アクセサリー類を充実させることも重要でしょう。

執筆者

トレーナー

hiroki.nemoto

"整形外科病院にて理学療法士として勤務しています。仕事では一般の方はもちろんスポーツ選手の診療にも携わっています。 自分自身がトレーニングをしており、その知識を提供できればと思っております。"

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Ranking ランキング

Recommend おすすめ記事

Campaignキャンペーン

トップに戻る

Contact無料相談

あなたにぴったりのジムを私たちと一緒に探しませんか?
お気軽にご相談ください!

LINEで相談

LINEで無料相談

無料でお電話相談する

無料でお電話相談する

お気軽にお電話ください