【管理栄養士が教える】豚汁ダイエットは効果あり!?豚汁で痩せた人の口コミやレシピ・カロリー紹介

執筆者

管理栄養士

りほこ

学校給食センターに務めた経験のある管理栄養士です。私自身食べることが大好きですが、好きなものばかり食べて太ってしまわないよう栄養学のちしきを実生活に活かしています。ダイエッ...

【管理栄養士が教える】豚汁ダイエットは効果あり!?豚汁で痩せた人の口コミやレシピ・カロリー紹介

2019.10.29

「豚汁ダイエット」というダイエット方法をご存知でしょうか?カロリーの高そうなイメージのある豚汁でダイエットができるなんて、なんだか不思議ですよね。この記事では、豚汁ダイエットで痩せた人の口コミや、豚汁のレシピとカロリーについてまとめています。

「豚汁ダイエットの効果や方法を知りたい」と考えている女性は是非参考にしてください。豚汁ダイエットを通じて、楽にダイエットとお肌を綺麗にしたい方や、スタイルをよくしたい方のためになる情報をお届けします。

豚汁ダイエットの効果と効能は?

 

豚汁ダイエットとは?

豚汁ダイエットとは、朝ごはんを豚汁に置き換えるというダイエット方法です。つまり、朝ごはんは豚汁のみということですね。毎食を豚汁に置き換えるわけではありません。

豚汁ダイエットの効果と効能とは?

豚汁ダイエットで期待できる効果・効能をご紹介します。

朝ごはんのカロリーを減らせる

豚汁ダイエットのポイントは、朝ごはんを豚汁に置き換えるということです。朝ごはんにトーストやシリアルを食べている場合、意外とカロリーは高くなりがち。

豚汁に置き換えることで、ふだんの朝ごはんよりも低カロリーですませることができます。このカロリーの差がダイエットにつながるというわけです。「豚汁」とひとくちにいっても具材はさまざまですが、なるべく低カロリーの食材を使って、カロリーをしっかり減らすのが理想ですね。

朝から体温を上げて冷え性を予防

朝、起きたての身体は体温が低くなっています。体温は食事をとったり、筋肉を動かすことで上がりますが、寝ているときにはどちらもできないので体温が下がります。朝ごはんを食べることで体温が上がります。

もちろんトーストやシリアルといった朝ごはんでも体温は上がりますが、東洋医学において小麦は体を冷やす食材といわれています。豚汁などの温かい飲み物を飲むほうがおすすめです。

便秘が解消できる

豚汁の定番の具材であるごぼうなどの根菜やこんにゃくには食物繊維がたっぷり含まれています。食物繊維はお通じを助ける働きがあるので、便秘気味の方にはぴったり。

豚汁に含まれるカロリーや栄養素は

 

それでは、豚汁に含まれるカロリーや栄養素をみてみましょう。もちろん具材の組み合わせや使う量によってカロリーは変わるので、目安としてご覧ください。

豚汁に含まれるカロリーを定番の朝食と比較

豚汁のカロリーは、100gあたり69キロカロリー、一杯分あたり121キロカロリーです。これは豚肉や根菜、こんにゃく、豆腐をたっぷり使った一般的な豚汁のカロリーですので、工夫次第でさらにカロリーを減らすことができます。

ここで、定番の朝食であるトーストやシリアルのカロリーも見てみましょう。6枚切りの食パンにバターを10gのせて焼いたトーストは、249キロカロリーです。コーンフレーク40gに牛乳200mlをかけた場合、289キロカロリーです。いずれも豚汁の約2倍のカロリーがあります。

豚汁に含まれる栄養素

それでは、豚汁に含まれる栄養素を見てみましょう。豚汁にはたんぱく質が豊富に含まれる豚肉や豆腐に加え、根菜が入っているため栄養バランスが整いやすいです。根菜にはビタミンが豊富に含まれています。また、じゃがいもや里芋をとりいれることで炭水化物も摂取できます。

豚肉に含まれる栄養素

豚汁には欠かせない豚肉には、ビタミンB1が豊富に含まれています。ビタミンB1は疲労回復に効果がある栄養素です。

根菜に含まれる栄養素

大根やじゃがいも、にんじんやごぼうといった根菜類は豚汁の定番ですよね。ビタミンCや食物繊維が豊富に含まれています。

こんにゃくに含まれる栄養素

こんにゃくには水溶性食物繊維のグルコマンナンが含まれています。グルコマンナンには、便秘を解消する効果や、血中のコレステロール値を下げる効果があります。

豚汁だけダイエットは効果的なの?

 

豚汁だけダイエットとは?

豚汁だけダイエットとは、その名の通りダイエット中に豚汁しか食べないというダイエット方法です。毎食豚汁しか食べなければ、一日の摂取カロリー量はたったの360キロカロリー。大幅なカロリーコントロールが可能ですね。

豚汁だけダイエットは効果的?

豚汁だけダイエットでカロリーが減らせることは魅力的ですが、現実的ではないでしょう。豚汁にはさまざまな食材が含まれていて栄養バランスも整いやすいですが、完全食ではありません。栄養バランスが崩れ、体調を壊してしまうリスクがあります。美しい体になりたくて豚汁ダイエットをはじめたのに、健康的でなくなってしまっては本末転倒です。

また、豚汁しか食べないというのは簡単なようで難しいです。毎食豚汁を食べていては飽きてしまいます。ダイエットは継続が重要ですから、続けやすいかどうかも効果がでるポイントです。

豚汁ダイエットで効果を出すには?

豚汁ダイエットで効果を出すには、自分の続けやすい方法で豚汁を日々の食生活に取り入れることが大切です。また、豚汁しか食べないというのはおすすめできません。朝食・昼食・夕食のいずれかを豚汁に置き換える程度にとどめておきましょう。

一番効果的なのは、朝食を豚汁に置き換えることです。カロリーを抑えられることに加え、朝から体温を上げることで冷え性の予防や代謝アップにつながります。朝に豚汁を用意している時間がないという場合は、昼食や夕食など、豚汁を作りやすい時間帯に豚汁ダイエットを行いましょう。

毎日の献立を簡単に!豚汁ダイエットにおすすめの献立紹介

 

豚汁ダイエットの基本のやり方は、朝食を豚汁に置き換える、つまり豚汁だけを食べるということです。しかし、どうしても豚汁だけでは腹持ちが悪くて昼食までにおかしを食べてしまって意味がないというケースもあるでしょう。

昼食や夕食に豚汁を取り入れたいけど、豚汁だけではさみしいのでもう一品食べたいという方も少なくないですよね。ここでは、豚汁に合う献立を紹介します。豚汁ダイエット中にはぜひ取り入れてみてくださいね。

豚汁ダイエットにおすすめの献立、朝食編

朝食に豚汁をとりいれるならば、炭水化物をたっぷりとれる食品を組み合わせるのがおすすめです。豚汁におにぎりをプラスしましょう。炭水化物や糖質はダイエットに向いていないから食べたくないと考える方も多いかもしれませんが、一日を活動的に過ごすためには炭水化物が重要です。

脳のエネルギーになる栄養素は、炭水化物が消化されてできる「ブドウ糖」だけ。ブドウ糖が足りなくなると、眠気を感じたり、ぼーっとして仕事や勉強に集中できなくなります。炭水化物を抜くならぼんやりしてもOKな夜にして、朝はしっかり脳に栄養補給することをおすすめします。

豚汁ダイエットにおすすめの献立、昼食(外食)編

昼食に豚汁を取り入れる場合、仕事場など外食先で食べることが多いのではないでしょうか。今ではコンビニのお惣菜も豊富で、レンジでチンするだけで食べられる豚汁も販売されていますね。コンビニで豚汁を買うとつい他のものも買ってしまいそうになりますが、レジ付近のホットスナックは買わないようにしましょう。油がたっぷり使われているため、高カロリーとなり本末転倒です。

うめやおかかなどシンプルな具材のおにぎりを合わせるか、和風のお惣菜を追加しましょう。ひじきの煮物や卵焼きなど、豚汁には入っていない食材が使われている料理をチョイスすると栄養バランスが整います。自炊する場合は「豚汁ダイエットにおすすめの献立、夕食(自炊)編」を参考にしてくださいね。

豚汁ダイエットにおすすめの献立、夕食(自炊)編

夕食に豚汁を取り入れるならば、魚のおかずを組み合わせるのがおすすめです。魚には、肉には含まれない栄養素が豊富です。栄養バランスを整えるために、肉ではなく魚をとりいれましょう。

揚げ物ではなく焼き魚やホイル焼きなど、少ない油で調理できるシンプルな食べ方でいただきましょう。また、脂ののっていないヘルシーな魚を選ぶことをお勧めします。たらをはじめとした白身魚は低カロリーでおすすめです。

ダイエット時におすすめの豚汁レシピ紹介!

 

豚汁といっても具材や味付けによってカロリーもおいしさもさまざまです。基本の豚汁のレシピをご紹介します。また、ダイエット中におすすめの低カロリーな豚汁を作る方法をまとめていきます。

基本の豚汁のレシピ

基本の豚汁の材料(一人分)

豚バラ肉(薄切り) 20g
野菜(玉ねぎ、大根、にんじん、ごぼう、里芋(さつまいも、長芋、じゃがいもでもOK)、長ネギ いんげんなど)やこんにゃく、豆腐 合計40g
味噌 大さじ1
一味唐辛子 少々
サラダ油(ごま油) 少々
水 140ml

基本の豚汁の作り方

(1)大根やにんじんは半月切り、ねぎは小口切りや斜め切り、ごぼうは小さめの乱切り、里芋は一口大、玉ねぎは薄切りにします。いずれも食べやすい大きさに切ればOKですが、大きめにカットすると噛みごたえがある豚汁になり、満腹感がアップします。
(2)なべに油をいれ、中火で熱して温める。
(3)野菜を炒める。
(4)豚肉を加え、弱火にかける。
(5)水を加えて強火にする。アクをとる。
(6)味噌を加えてさらに煮る。
(7)具材に火が通っていればできあがり。

ダイエット中におすすめの低カロリーな豚汁を作るには?

ダイエット中におすすめな低カロリーの豚汁を作るには、豚汁の具材を工夫することで簡単にできます。じゃがいもや里芋、豚肉など高カロリーな食材を控えめにして、こんにゃくや大根などの低カロリーな食材をたっぷりとりいれましょう。
豚汁の定番レシピの具材のカロリーを下記にまとめましたので、参考にしてください。いずれも100gあたりのカロリーです。

やはり豚肉は一番カロリーが高いですね。豚肉がたっぷり入った豚汁はコクがでておいしくなりますが、ダイエット中の場合は豚肉の量は控えめにするべきだといえます。

低カロリーな食材としてぜひダイエット中にとりいれたいのは、こんにゃくや大根、玉ねぎです。豚汁の定番食材であるごぼうは意外とカロリーが高めの野菜なので、別の野菜をとりいれるとよいでしょう。

また、イモ類については里芋が一番低カロリー。下ごしらえがやや手間なので、豚汁ダイエット忠は冷凍食材のカット里芋を取り入れると便利です。

まとめると、ダイエット中の豚汁の具材は「豚肉、里芋、玉ねぎ、大根、こんにゃく、長ネギ」がおすすめです。豚汁とごはんを共に食べる場合は里芋はなくてもよいでしょう。

豚汁ダイエットで痩せた成功者の口コミ・ブログ・体験談紹介

 

実際に豚汁ダイエットで痩せた人はいるのでしょうか。SNSでの口コミや体験談、ブログを紹介します。

豚汁ダイエットで痩せた成功者の口コミ・体験談紹介

「豚汁を毎日食べたことで一気に痩せた!」という口コミが見られました。また、こんにゃくやごぼうなど食物繊維が多く含まれる食材をたっぷりとったことで、便秘が解消した方も発見しました。ただ豚汁を食べていれば痩せるというわけではなく、やはり具材に気を使う必要がありますね。

豚汁ダイエットで痩せた成功者のブログ紹介

ブログ記事はこちら
こちらのブログでは実際に豚汁ダイエットで痩せたという体験談がつづられています。ブログの管理人の方は便秘に悩んでいたそうですが、豚汁ダイエットをはじめてから便秘が改善して、なんと一週間で1kgものダイエットに成功したのだとか。

豚汁ダイエットに使ったレシピも公開されています。ごぼう、こんにゃくといった食物繊維たっぷりの食材が使われているのがポイントだと感じました。便秘に悩んでいる方は必見です。

豚汁ダイエットの体験談を調査してみると、豚汁ダイエットで成功した方は「もともと便秘がちだった」という特徴が見られました。豚汁ダイエットの一番のメリットは便秘が改善するということなのかもしれませんね。

まとめ

豚汁ダイエットの正しいやり方や、豚汁に含まれている栄養についてまとめました。豚肉や根菜などさまざまな具材を味わう豚汁は、たった一杯でも多くの栄養がとれる料理です。とはいえ、毎食豚汁を食べてダイエットするというのは、栄養バランスを崩してしまうリスクが高いです。なにより、飽きてしまって続けることが難しいでしょう。

ダイエットに重要なのは継続です。自分のできる範囲で豚汁ダイエットをはじめてみてくださいね。この記事が豚汁ダイエットの参考になった方はぜひシェアをお願いします。

執筆者

管理栄養士

りほこ

学校給食センターに務めた経験のある管理栄養士です。私自身食べることが大好きですが、好きなものばかり食べて太ってしまわないよう栄養学のちしきを実生活に活かしています。ダイエットの役に立つ情報を発信していきます!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Pick up ピックアップ

Ranking ランキング

Recommend おすすめ記事

Campaignキャンペーン

トップに戻る

Contact無料相談

あなたにぴったりのジムを私たちと一緒に探しませんか?
お気軽にご相談ください!

LINEで相談

LINEで無料相談

無料でお電話相談する

無料でお電話相談する

お気軽にお電話ください