【理学療法士が指導】痩せるツボのやり方や注意点とは?ダイエットに効果絶大!

執筆者

理学療法士

hiroki.nemoto

私自身も学生時代は最高85㎏まであった体重を、色々なトレーニングや食事方法を試しながら、今は常時65㎏をキープしています。そんな自分の経験も含めて、ジムでも年齢や男女問わず...

【理学療法士が指導】痩せるツボのやり方や注意点とは?ダイエットに効果絶大!

2019.09.25

ダイエットを始めようとネットで調べてみると色々なダイエット方法が紹介されています。しかし、どんなダイエットが自分に適しているのかわかりませんよね。ダイエットを成功させる秘訣はズバリ継続することです。継続するためには気軽に簡単なダイエット方法が適しています。今回紹介する痩せるツボダイエットは簡単に通勤時間帯や空いた時間にも簡単にできるダイエット方法です。痩せるツボダイエットの詳細を知り明日からチャレンジしてみましょう。

ダイエットに「痩せるツボ」をおすすめする理由

現在、数々のダイエット方法がネット上では掲載されていますが実際、どんな効果があるのか?本当に効果があるのか?どんなメカニズムで痩せていくのか?わからないことだらけですよね。痩せるやダイエットが先立ち、そのメカニズムは知らぬまま行っている人も多いのではないでしょうか?
ここでは、各章に分けて痩せるツボダイエットについてご紹介していきます。
まずはじめに、痩せるツボをおすすめする理由についてご説明していきます。

手軽にできる

ダイエットは、目標設定を明確にしてから継続することがとても重要です。やみくもに流行っているから始めるでは長続きするどころか目標設定が明確でないため、一時的な減量はあっても持続的な効果は得られにくいのが実際です。
そのため、いつまでにどのくらい痩せるかを明確にして始めることが大切です。
次に大切になるのが、継続することです。痩せるために2時間も3時間もダイエットの時間に費やしてしまっては継続的に続けることが不可能です。1日あたりの時間は24時間と決まっているため、手軽にできれば継続して続けることができます。
痩せるツボダイエットは、ダイエットに効果的なツボを押すだけで痩せる簡単なダイエットです。そのため、仕事の合間や通勤時間中にも手軽に行うことができ、はじめやすく継続しやすいダイエットといえます。

短時間でできる

先程、ダイエットを成功させる上で大切なのは継続すること、また継続するためには手軽でなければいけないこともご説明しました。痩せるツボダイエットは手軽にできますが、どのくらいの時間行えばいいのか?なんと5分程度押すだけでいいんです。1回当たり5分を5〜6回程度繰り返すだけで良いとされています。これなら、多忙な方でも、育児などで忙しいお母さんでも空いた時間に短時間で行うことができます。
空いた時間で、しかも短時間で行えることが痩せるツボダイエットの魅力の一つでしょう。

痩せるメカニズムが明確

手軽で短時間にできること、これが痩せるツボダイエットの魅力ですが、そんな簡単に痩せるの?押すだけで痩せる根拠は?など手軽で簡単に短時間でできるが故にそのメカニズムについて疑問を持つ方は多いのではないでしょうか?
そもそも、ツボとは何かと言いますと東洋医学の治療であるお灸や按摩の際に刺激するポイントをツボと言います。そのツボは生命エネルギー「気」という概念と「血」の通り道である経路の上にある反応点とされています。そのツボを刺激することで気や血の巡りがよくなり、その先にある臓腑の機能が活性化するというメカニズムで様々な効果をもたらします。
ツボ痩せの根拠を知れば、手軽に短時間でできる理由が理解できるでしょう。

痩せるツボで得られる効果とは?


なんとなくお勧めする理由がわかりましたか?
ダイエット成功には痩せるツボダイエットは取り組みやすい方法です。
次に痩せるツボダイエットで得られる効果についてご説明します。

ぽっこりお腹に効果あり

ダイエットで一番減少しにくいぽっこりお腹に効果が覿面です。運動系のダイエットであればお腹のぽっこり加減は、運動を継続していくことによって改善されていき長期間運動を行う必要があります。そのためだいたいの方は、ぽっこりお腹が解消される前に断念してしまいます。しかし痩せるツボダイエットであればぽっこりお腹も即時的に改善することができます。

【お腹痩せに関する参考記事】

【女性トレーナー指導】モデル級のくびれを手に入れるためのトレー二ング方法を紹介

現役の女性トレーナーがお腹のくびれダイエットの方法と普段からできるトレーニングを丁寧に解説します。

食べ過ぎ防止

外見上の変化があっても体重の減少は摂取カロリーを抑制しなければなかなか減りません。痩せツボには食べ過ぎ防止ツボもあり、過食を抑制してくれます。結果的に摂取量をコントロールでき最適です。

便秘防止

摂取コントロールができても、排泄しなければ余分な脂肪は体内に溜まっていく一方です。痩せツボは便秘予防にも関係しており、押すだけで便秘を解消することができます。

まずは基本を知ろう!簡単な痩せるツボ5選


痩せツボ効果を知り、今から始めてみよう!と思った方必見です。ここでは簡単な痩せツボ5選を紹介します。

ぽっこりお腹を改善!前頭点

ぽっこりお腹解消のツボは、人差し指の甲側、第2関節の親指側に前頭点があります。
前頭点には代謝を良くする効果があり、代謝が悪い方やぽっこりお腹の方にオススメのツボです。

過食・便秘の改善には合谷

過食・便秘解消のツボは、手の甲側の人差し指と親指の延長線上で交わる点があります。この交わる部分が合谷です。

ウェストのシェイプアップにオススメ!二間

ウエスト周りのシェイプアップには二間がオススメです。
人差し指の親指側の部分、第3関節から第2関節方向へ擦るように触れていきます。食欲抑制効果とシェイプアップに最適です。

顔をシャープに!商陽

小顔効果・顔の贅肉が気になったら、商陽がオススメです。商陽は人差し指の爪の横(親指側)にあります。

新陳代謝改善!命門

命門は小指の第2関節中央にあるツボです。ここを刺激することで新陳代謝改善がはかれます。

どこを意識すればいいの?痩せるツボ


痩せるツボのポイントに関して、5つご紹介し明日から早速やってみよう!と意気込んでいる方も多いのではないでしょうか?しかし、ただただツボを押しても効果は半減です。今からご紹介する意識的に行うことで、効果が異なりますので効率的に痩せるツボダイエットにチャレンジしましょう。

痛みのでない範囲で押すこと

痛みがあっては効果は得られないどころか、継続することが嫌になってしまいます。適度な痛みは良いのですが、体が逃げるような反応が出るほどの強い刺激は不要です。
適度な強さで刺激することで、痩せツボ効果・継続性は異なります。押す強さはコントロールしましょう。

リラックスしながら行うこと

前の痛みとも重複しますが、リラックスしながら行うことがとても重要です。代謝などに関わる自律神経として副交感神経というものがあります。副交感神経はリラックスした際に優位に働くとされているため、リラックスしながら行うことは代謝を促す上でとても重要になります。

比較!痩せるツボと他のダイエットの効果の違いとは?

痩せツボダイエットについての方法・意識する点を知り、明日から早速チャレンジ!といきたいところですが、ほかのダイエットと何が違うの?またはほかのダイエットと比較して効果は何が違うのか。について説明いたします。

簡単にできる

まず痩せツボダイエットの最大の魅力は簡単に始められることです。ダイエットといえばランニング等の有酸素運動が代表ですが、有酸素運動は時間とランニングウェア・シューズが必須となりコストとある程度の時間が必要になります。しかし、痩せツボダイエットは揃えるものはなく、通勤時間や仕事の合間に5分程度で行うことができます。

継続しやすい

上記の理由から継続しやすいことが、痩せツボダイエットの魅力です。
また有酸素運動やレジスタンストレーニングではなかなか効果の出にくいぽっこりお腹に対しても即時的効果が得られやすいためモチベーションが維持でき、継続しやすいです。

効率よく実践したい!痩せるツボの効果を上げる「コツ」とは?

空いた時間に意識的に行う

やはり、効率的かつ効果的に行うためには空いた時間を利用して意識的に行うことです。ついつい、忘れてしまった・空いた時間に取り入れることができなかったりすると効果が得られにくいです。そのため、日頃から意識的に痩せツボを触れていることは重要です。また、寝る前・朝起きたらすぐ・お風呂後・食事前など忘れないようにルーティーン化するのも意識的に行えるコツです。自分に合ったやり方で意識的に継続して行っていきましょう。

日々の変化を感じる

ダイエットは見た目の変化を感じるまで時間がかかります。そのため客観的な指標を作っておくとモチベーションが維持できます。例えば、毎日体重計に乗り日々の変化を感じたり、毎日鏡の前で自分の身体を見たりと日々の小さな変化を感じることでダイエットの効率とモチベーションを維持することができ、効率的かつ継続的にダイエットをすることができます。

楽しく行う

ダイエットの基本は無理せず楽しく行うことが前提です。過度なダイエットは継続できません。また楽しくなければ痩せるどころかストレスが溜まり過食や代謝不良の要因となります。
楽しく痩せツボダイエットをすることで、効率的かつ効果的にダイエットができるでしょう。

女性に適した痩せるツボの回数・セット数は?

痩せるツボに関して、なんとなく理解いただけましたでしょうか?押すポイントや意識する点、他のダイエットとの比較など詳細がわかってきたと思います。次に痩せるツボは何回、何セットやればいいの?の疑問に対してお答えしていきたいと思います。

一日中どれくらいやればいいの?

頻度に関することですが、押す場所によって異なります。例えば、ぽっこりお腹改善に良いとされる前頭点であれば運動前や活動量が多くなる朝に多く行うことをおすすめします。また新陳代謝や食欲抑制効果のあるツボであれば毎食時前と後に行うことをオススメしています。
例をあげると、前頭点であれば朝起きた際と運動前の2回、合谷や命門は朝・昼・夜ごはん前の3回と後3回の6回を行うとよいでしょう。

一回あたりどのくらいの回数押せばいいのか?また一回行う際に何セットやればいい?

ツボを押す頻度については、押すツボによって異なることはご理解いただけましたか?基本的には効果の得たい事柄によって押すタイミングは異なるということです。
次に、どのくらい押せばいいのかについて説明しますと、一回あたり5回〜10回がオススメです。初心者の方は15回〜20回程度でも良いとされています。理由として、初心者の方だとツボを押せているつもりでも芯まで押せていなく効果が薄れてしまうからです。そのため数を多くすることで、ツボまでの到達する頻度を増やすべく数を多くすることが推奨されています。
次に一回あたりのセット数ですが、2〜5セットとかなり幅があります。セット数についても初心者と何度か行っている人であると異なります。初心者は数多く行うことを推奨しています。その際、皮膚が赤くなる・ツボの部分が腫れるなど強すぎる指圧は控えて下さい。
あくまでリラックスできる適度な強さが推奨されています。指圧の強さも個人によって異なり、定量化できるものではないため指標は、リラックスできる強さということを覚えておいてください。

家でも出来る、簡単な筋トレとは?

次に痩せツボと行うと効率的な自宅でできる筋トレをご紹介します。ツボ痩せ+αで行うことで効率的に痩せることができるため是非筋トレ等の運動は行なっていけると良いでしょう。

スクワット

スクワットは下半身の筋肉をトータル的に鍛えられる効率的なトレーニングです。やり方によって主にトレーニングされる部位が異なるため、この記事を最後まで読み進め目的に合ったトレーニングを遂行していきましょう。
まず、スクワットではモモの前の大腿四頭筋、ももの内側の内転筋、お尻の筋肉である大臀筋が主動作筋です。大腿四頭筋は筋肉の長さが人体最長で代謝に役立ちます。内転筋は内ももに位置しますが脚を細く見せたい、太い脚をスリムにしたい人にオススメです。大臀筋はトレーニングをしている人ならご存知と思いますが、お尻の筋肉で筋面積も大きく、大腿四頭筋同様代謝に役立ちます。また引き締まったお尻や外国人のようなプリッとしたお尻を手に入れたいなら是非トレーニングすることをおすすめします。
スクワットは、肩幅よりやや足を広げお尻を後ろに引くようにしゃがんでいきます。ももが床と平行になるところまで、下に下げたら膝・付け根の順で伸ばしていきます。
一回15回〜20回を3〜5セット程度行ないましょう。

【スクワットに関する参考記事】

【女性トレーナー指導】おしりに効くスクワットのやり方・効果とは?

女性トレーナーがお尻を大きくしたい方・小さくしたい方必見のヒップアップ方法を丁寧に解説します。

プッシュアップ

皆さんお馴染みの腕立て伏せです!
胸の前と体幹を強化することができます。
腕は肩幅の1.5倍ほど開き肘を曲げながらアゴを床に近づけるように下ろします。そこから肘を伸ばして元の位置に戻っていきます。
プッシュアップは女性には難易度が高いとされていますが、回数ができない場合、膝をついて行ってもトレーニングができます。
回数はスクワット同様に行っていきましょう。

【プッシュアップの参考記事】

【女性トレーナー指導】「プッシュアップ」は腕周りのダイエットやバストアップに効果アリ?

現役の女性パーソナルトレーナーがプッシュアップのメニューや初心者におすすめのやり方を解説します。

痩せるツボの注意点

強く押しすぎない

指圧を強くすると、痛みが先行し効果が得られにくく継続的に行うことができません。
指圧の強さは心地よい程度、リラックスできる強さと覚えておきましょう。
痛みを感じる程度は個人差がかなりありますので、人に押してもらうのではなく自分で指圧することを推奨します。

回数や頻度をしっかり行うこと

初心者の方でも継続して行っている方でも、ある程度の回数・頻度を行わなければ身体の改善は得られません。
そのため、しっかりと時間をつくり回数・頻度を適切に行っていきましょう。

痩せるツボでダイエットをしている方の口コミ・体験談・実践者の声

 


最後に痩せツボダイエットを行なったことがある人の実践声・体験談をご紹介します。

ツボダイエットと運動で効果覿面


運動やストレッチなどとツボダイエットを合わせると継続的にできておすすめなようです。ツボ痩せダイエットは継続して行うことができるため運動と合わせて行うと継続できるとの声が聞かれています。本章でも自宅でできる筋トレと併用することで効果が高まるとご紹介していますので、運動と痩せツボの併用は継続性と効率から考えると効果的なようです。

ツボの指圧でスリムな脚と食欲が抑制された


足のツボによって食欲とむくみが改善されるようです。肝臓にも効果てきめんのようなので、お酒を飲んだあとはおすすめです。

お腹のツボで基礎代謝向上


お腹のツボを刺激することで基礎代謝が亢進しダイエット効果が得られるようです。

まとめ

手軽さと短間でできることが痩せツボダイエットの最大魅力です。食欲抑制効果や便秘改善、ぽっこりお腹に効果的でダイエットに効果的です。
他のダイエットと比較すると簡単に始めることができ、簡単であるため継続しやすいのが利点です。効果的に続けるためには、小さな変化に気づくことと空いた時間に行うことです。痩せツボと一緒に自宅トレをすると効果的で、スクワットやプッシュアップなどの大きな筋肉があるトレーニングをすると効果的です。
早速明日から痩せツボダイエットを始めてみましょう。

執筆者

理学療法士

hiroki.nemoto

私自身も学生時代は最高85㎏まであった体重を、色々なトレーニングや食事方法を試しながら、今は常時65㎏をキープしています。そんな自分の経験も含めて、ジムでも年齢や男女問わず様々なアドバイスやサポートをしていますので、場所や環境を問わず、自分の知っている知識はドンドン発信していきたいと考えています。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Ranking ランキング

Recommend おすすめ記事

Campaignキャンペーン

トップに戻る

Contact無料相談

あなたにぴったりのジムを私たちと一緒に探しませんか?
お気軽にご相談ください!

LINEで相談

LINEで無料相談

無料でお電話相談する

無料でお電話相談する

お気軽にお電話ください